*

be動詞・過去形の疑問文・否定文

公開日: : 最終更新日:2015/04/01 中学, 英語 ,

例文

  • She was busy yesterday.(彼女は昨日忙しかったです)
  • Was she busy yesterday?(彼女は昨日忙しかったですか?)

be動詞の過去形

前の記事でbe動詞の過去形を学びました。 am/isの過去形はwas,areの過去形はwereというものでした。

今回はbe動詞の過去形の疑問文や否定文の書き方について学びましょう。

スポンサードリンク

be動詞の現在形で疑問文や否定文を作るとき,主語とbe動詞を逆転させましたね。

  • He is a student.(彼は学生です)

これを疑問文にしたら,

  • Is he a student?(彼は学生ですか?)

否定文にしたら,

  • He is not(isn’t) a student.(彼は学生ではありません)

これを過去形にするときも同様に,be動詞の過去形の使い方にならって,isをwasにすればOKです。

be動詞(過去形)の疑問文・否定文の作り方

He was a student.(彼は学生でした) という文を疑問文・否定文にしてみましょう。

  • Was he a student?(彼は学生でしたか?)
  • He was not (wasn’t) a student.(彼は学生ではありませんでした)

be動詞の現在形での疑問・否定の作り方と同じように,主語とbe動詞の順番を入れ替えるだけでOKです。

他のbe動詞でも例を出してみましょう。冒頭の例文,主語をshe(彼女)からyou(あなた)にして、過去形にしてみると,

  • You were busy yesterday.(あなたは昨日忙しかった)
  • Were you busy yesterday?(あなたは昨日忙しかったですか?)
  • You were not(weren’t) busy yesterday.(あなたは昨日忙しくなかった)

という具合になります。

関連記事

温室効果ガスと地球温暖化

化石燃料と温室効果ガス 前にも書きましたが,石油や石炭,天然ガスなどの化石燃料を燃やしてエネルギー

記事を読む

2次方程式の文章問題(連続した3つの整数)

例題 3つの連続した整数があります。それぞれの整数を2乗した和は245です。このとき,3つの連続し

記事を読む

平方根の近似値

例題 電卓を使わずに,\sqrt{2}[/math]の近似値を,小数第2位を四捨五入して小数第1位

記事を読む

関数y=ax2乗で変域からaの値を求める

例題 関数y=ax2について,xの変域が-2≦x≦4のとき,yの変域は0≦y≦8である。このとき,

記事を読む

比較級と比較の文(taller than ~)

例文 He is tall.  (彼は背が高いです) He is taller than

記事を読む

一次関数(正方形・長方形の周の長さ)

例題 以下の(1),(2)について,yをxの式で表しなさい。 (1)一辺の長さがxcmの正方

記事を読む

2次関数の決定(中学)

例題 yはxの2乗に比例し,x=-2のときy=8です。このとき,以下の(1),(2)に答えなさい。

記事を読む

相似(平行・三角形と線分の比)

例題 図の三角形で,BC//DE,AB=6cm,AD=4cm,DE=6cm,AE=5cmのとき,次

記事を読む

how to ~「~の仕方」 疑問詞 – to不定詞

例文 You can play the guitar.(あなたはギターを弾けます) Pl

記事を読む

平方根(根号を使わずに表す・正の平方根・負の平方根)

例題 次の数を,根号を使わずに表しなさい。 (1)[math]\sqrt{25}[/math]

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑