*

連立方程式文章題(代金の問題)

公開日: : 最終更新日:2016/08/31 中学, 数学

例題

52円切手と82円切手を合わせて20枚買い,代金は1490円でした。52円切手と82円切手をそれぞれ何枚買ったか求めなさい。

スポンサードリンク

解説・解法

連立方程式を作って求めます。求めるものは2つ(52円切手と82円切手の枚数)あるので,それらを文字に置きかえましょう。52円切手をx枚,82円切手をy枚買ったして,

2つの条件」をx,yの式にして求めます。

  • 枚数について・・・52円切手と82円切手の枚数は合計20枚・・・x+y=20
  • 代金について・・・「52円切手x枚」「82円切手y枚」の合計金額は1490円・・・52×x+82×y=1490

これで,連立方程式の計算問題に持ち込めますね。

あとは淡々と計算していきましょう。

x+y=20   ・・・①
52x+82y=1490・・・②

ここから

82x+82y=1640  ・・・①×82
52x+82y=1490  ・・・②

それぞれ引いて 30x=150→x=5

これを①に代入して 5+y=20 →y=15

答案を書くにあたって,途中式を書く形式のテストでは「何をx,yとする」かを書いておかないと減点される例をよく見かけます。注意してください。

答案

52円切手をx枚,82円切手をy枚買ったとすると

x+y=20・・・①
52x+82y=1490・・・②

①×82と②より

82x+82y=1490
52x+82y=1490

それぞれ引いて

30x=150
x=5

①に代入して 5+y=20 y=15

(答え)52円切手・・・5枚,82円切手・・・15枚

関連記事

stop doing(動名詞) とstop to do(to不定詞)の違い

例文 I stopped to think about the problem.(私はその問

記事を読む

xの4乗+4 の因数分解(数学1)

例題 x4+4=(x2+アx+イ)(x2-ウx+エ) と因数分解できる。(アからエまでの空欄には

記事を読む

1次関数(x,yの増加量と変化の割合)

例題 (1)1次関数 y=\frac{3}{2}x+2[/math]について,xの値が8増加したと

記事を読む

三角形の合同条件(1組の辺が等しいときの残りの条件)

例題 下図の△ABCと△DEFで,AB=DEのとき,他にどのような条件を付け加えると△ABC≡△D

記事を読む

対頂角の性質(対頂角は等しい)

例題 以下の(1),(2)の図で,∠x,∠yの大きさをそれぞれ求めなさい。 (1) (2)

記事を読む

電解質と非電解質

さまざまな水溶液に電極をつけて電流を流してみよう 2年生の「水の電気分解」の項目で少し触れましたが

記事を読む

多項式の計算(カレンダーの文章題)

例題 以下のは2015年1月のカレンダーを表したものです。これについて,(1),(2)に答えなさい

記事を読む

2次方程式(aとbの値を求める)

例題 2次方程式 x2 + ax + b =0 の解がx=3,-5のとき,a,bの値を求めなさい。

記事を読む

2次関数(中学)上の2点と原点を結ぶ三角形の面積

例題 原点をOとし,関数y=x2のグラフ上に,x座標が1となる点Aと,x座標が3となる点Bをとりま

記事を読む

1次関数(交点の座標の求め方)

例題 次の式で表される2つの直線について,交点の座標を求めなさい。 (1) y=-x+4 と y

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

come up with ~(~を思いつく)

例文 Don't wait until you're in a cr

A as well as B (BだけでなくAも)

例文 We need experience as well as k

→もっと見る

PAGE TOP ↑