*

因数分解(共通因数でくくる)

公開日: : 中学, 数学 ,

例題

次の式を因数分解しなさい。

(1)ax+ay
(2)x2+6x+8
(3)x2-x-2

スポンサードリンク

因数分解とは

(x+1)(x+2)=x2+3x+2 のような流れを「展開」と言いましたが,この逆,x2+3x+2=(x+1)(x+2)に戻すことを「因数分解」と言います。この中で,(x+1),(x+2)は掛け算のもと,という意味合いで「因数」と呼びます。掛け算のもとに戻してあげるという手順です。

解説・解法

(1)ax+ayの中で,aが同じようにして出てきています。aを共通因数といい,このaでくくり出してあげましょう。2x+4y=2(x+2y)のような感じで,aをカッコの外に追い出して

ax+ay=a(x+y)

因数分解するとこの形になります。

(2)展開で過去に習った,(x+a)(x+b)=x2+(a+b)x+abの形(乗法公式の1.の形)を使います。x2+6xy+8=(x+a)(x+b)の形にすれば良いのですが,

x2+6x+8=(x+a)(x+b)・・・①,つまり
x2+6x+8=x2+(a+b)x+ab・・・②

②の式を見比べてみると,a+b=6,ab=8になるということが分かります。つまり,aとbを足して6,aとbを掛けて8になるようなaとbを探しにいくことになります。

この作業,最初は難しく感じるかもしれませんが,教科書などの例題や章末問題で慣れていくと,スピードアップしますし,この形の因数分解は後々2次方程式を解く際にも役立つので,正確かつスピーディにこなせるよう練習しておいて損はなさそうです。

話を戻して,「足して6,掛けて8になる2つの数a,bの組み合わせは何ですか?」という問題になっていますが,これを解くには,最初は総当りでやってみてはいかがかと。掛けて8になる数は(自然数に絞ると)・・・・

  • 1×8
  • 2×4

の2パターン(逆も同じものとして)だけになります。その中で,1と8は足したら9≠6なのでアウト,2と4だと2+4で6となり,この2と4がaとbの組になりそうです。したがって,①の式にその組み合わせを代入してあげて

x2+6x+8=(x+2)(x+4)

が答えとなります。(x+4)(x+2)も可です。

(3)(2)では候補を自然数に絞ってやっていましたが,マイナスの整数も視野に入れていきます。つまり

「足して-1,掛けて-2になる数の組み合わせは?」という問題で,掛けて-2になる数は

  • 1×(-2)だと,1と-2それぞれ足して-1
  • (-1)×2だと,-1と2それぞれ足して1

なので,組み合わせとしては1と-2になるでしょう。これを先ほどの①の式に代入し

x2-x-2=(x+1)(x-2)

答案

(1)ax+ay=a(x+y)
(答え)a(x+y)

(2)x2+6xy+8=(x+2)(x+4)
(答え)(x+2)(x+4) または (x+4)(x+2)

(3)x2-x-2=(x+1)(x-2)
(答え)(x+1)(x-2) または (x-2)(x+1)

関連記事

1次関数の求め方(傾きor切片が分かっている場合)

例題 次の(1)~(3)を満たす1次関数をそれぞれ求めなさい。 (1)傾きが-1で切片が4の1次

記事を読む

中学社会(公民)問題集 一問三答編

中学社会の公民分野で、1つの問題につき答えが3つあるものを集めてみました。知識の整理にお役立てくださ

記事を読む

ルートの整数部分と小数部分

例題 \sqrt{5}[/math]の小数部分をaとするとき,次の値を求めなさい。 (1)a

記事を読む

計算

因数分解(乗法公式の逆を使う)

例題 次の式を因数分解しなさい。 (1)x2-1 (2)x2+6x+9 (3)2x2-20x

記事を読む

to不定詞「~するために」(副詞的用法)

例文 I got up early to finish my homework.(私は宿題を

記事を読む

補助線を引いて同位角や錯角を使う(平行線と角)

例題 下の図において,l//mのとき,∠xの大きさを求めなさい。 解説・解法 これはあ

記事を読む

動名詞 finish doing(~し終える)

例文 I read the book.(私はその本を読みます/読みました) I fini

記事を読む

計算

連立方程式(加減法)1

例題 以下の連立方程式を解きなさい。 2x-2y=6・・・・① x+2y=3・・・・②

記事を読む

中学で覚える原子の記号(元素記号)

原子の記号は覚えるしかない 炭酸水素ナトリウムの熱分解の記事中に「化学反応式」って項目が出てきたと

記事を読む

整数部分と小数部分(数学Ⅰ)

例題 a=\frac{1}{\sqrt{5}-2}[/math]とする.aの整数部分をb,小数部分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年度のマーク模試月別まとめ(センター試験対策)

各予備校から、年間のマーク模試ラインナップが揃ったようなので、自分用メ

2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

→もっと見る

PAGE TOP ↑