*

平方根を求める(ルートとは)

公開日: : 最終更新日:2014/04/29 中学, 数学

例題

次の数の平方根をすべて求めなさい。

  1. 9
  2. \frac{25}{16}
  3. 0.01
  4. 10

平方根とは?

たとえば,2×2=4ですから,22=4ですよね。また,(-2)×(-2)=4にもなりますから,(-2)2=4でもある,と。このように,「△を2乗したら○になる」(△2=○になる)とき,△を○の平方根と言います。

今の例で言うと,2,-2は4の平方根だということです。2と-2を合わせて±2と書きます。

ルートとは?

同じようにして,16の平方根は±4,25の平方根は±5ですよね。じゃあ3の平方根は?と聞かれたとき,「2乗して3になる数ってあるのかよ・・・」と思っちゃうはずで,整数で表しても分数で表しても,ないのです。

じゃあ作ってしまえということで作られた記号。2乗して3になる数を

\sqrt{3}

と書き,読み方は「ルート3」と読みます。

解説・解法

このパターンを使えば,

1.2乗して9になる数は,3と-3の2つとなりますね。

2.分数で表記されていますので,求める平方根は

\frac{25}{16}=\frac{5^{2}}{4^{2}}

となり,求める平方根は

\pm\frac{5}{4}

となります。

3.これも分かりにくければ分数にしてしまいましょう。

0.01=\frac{1}{100}=\frac{1}{10^{2}}

となるので,求める平方根は,

\pm\frac{1}{10}

または,これを小数になおした,±0.1でもOKです。

4.「ルートとは?」を参考にしながら,2乗して10になる数は整数でも分数でもないので,

\pm\sqrt{10}

となります。

答案

  1. ±3
  2. \pm\frac{5}{4}
  3. ±0.1 または \pm\frac{1}{10}
  4. \pm\sqrt{10}

関連記事

計算

連立方程式(加減法)1

例題 以下の連立方程式を解きなさい。 2x-2y=6・・・・① x+2y=3・・・・②

記事を読む

日本の林業の特色と木材輸入自由化の波

日本の林業は針葉樹が中心 日本の林業は昔から針葉樹(葉っぱがトゲトゲとしている樹木のこと。対義語は

記事を読む

マグネシウム:酸素の比率(酸化マグネシウムの質量比)

マグネシウムも銅と同じように,熱すると一定の比率で反応します。マグネシウムも一定の質量を測り,その質

記事を読む

三角関数 2倍角の公式(数学Ⅱ)

例題 三角関数の加法定理を利用すると, \sin 2\theta=\fbox{A}\sin \t

記事を読む

文字式による説明(十の位と一の位の数の計算)

例題 2桁の自然数と,その数の十の位の数と一の位の数を入れ替えた数との和は11の倍数になります。そ

記事を読む

1次関数(変化の割合の求め方)

例題 (1)1次関数 y=3x+5 について,xが2から5まで増加したときのxの増加量と,yの増加

記事を読む

ルートの整数部分と小数部分

例題 \sqrt{5}[/math]の小数部分をaとするとき,次の値を求めなさい。 (1)a

記事を読む

補助線を引いて同位角や錯角を使う(平行線と角)

例題 下の図において,l//mのとき,∠xの大きさを求めなさい。 解説・解法 これはあ

記事を読む

1次関数(交点の座標の求め方)

例題 次の式で表される2つの直線について,交点の座標を求めなさい。 (1) y=-x+4 と y

記事を読む

2元1次方程式の整数解の問題(連立方程式の応用)

例題 2桁の自然数Aがあり,Aの十の位の数と一の位の数を入れ替えた数をBとする。A+B=121のと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑