中学 理科

光合成

更新日:

スポンサードリンク

光合成とは?

光合成とは,植物に太陽などの光が当たり,水と二酸化炭素からデンプンなどの炭水化物と酸素を作る植物のはたらきのことです。光合成のざっくりとした仕組みは

水+二酸化炭素→デンプン(炭水化物)+酸素

のようになります。

スポンサードリンク

光合成の例

hikariたとえば,日光によく当てたオオカナダモの葉を熱湯に浸して,エタノールに入れて脱色し(反応を見やすくする),水洗いしてヨウ素液をかけると葉は青紫色になります。

ヨウ素液が青紫色になっているときデンプンが出来ている証拠なので,この実験では

  • オオカナダモに日光が当たり,デンプンが出来ていた

ということが分かります。

また,ふのある葉っぱの緑色の部分の一部をアルミニウム箔で覆って,同じく熱湯→エタノールに浸し,ヨウ素液をかけると

  • ふの部分
  • アルミ箔で覆った部分

にはヨウ素液の青紫色が見られません。つまり,緑色の部分(葉緑体)で,かつ,光が当たるところで光合成が行われていることが分かります。

ちなみに,酸素はどうやって出来ているか確かめるために,水上置換をするように,試験管を逆さにして,ブクブクと出る泡(気体)を収集します。その気体に点火すると炎を上げて燃え上がります。

光合成と呼吸

植物は昼間,光合成も呼吸も行っていますが。

  • 呼吸:酸素を取り込んで二酸化炭素を出す
  • 光合成:二酸化炭素を取り込んで酸素を出す

ので酸素と二酸化炭素の出入りは同じかな?と思うかもしれませんが,光合成で出す酸素の量は呼吸のそれよりも多いので,気体の量を見ると「二酸化炭素を取り込み,酸素を出す」ということになります。







-中学, 理科
-, , ,

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.