*

式の計算(同類項・分配法則)

公開日: : 最終更新日:2014/06/01 中学, 数学 ,

例題

次の式を計算しなさい。

(1)3a-a+1
(2)3(x+y)-4(2x+3y)

スポンサードリンク

解説・解法

(1)では,同類項をまとめます

「同類項」とは,同じ文字の項のことを指します。この問題の場合,3aと-aが同類項(aという同じ文字の前に付いている係数が違うだけ)にあたりますので,これらをまとめると,

3a-a+1=2a+1

となります。3aと-a,それぞれ考えてみると「aが3個」「aが-1個」ということですので,これらをまとめると「aが2個」となり2aとなりますね。+1の部分はこれ以上まとめるものがないので,そのままになります。

(2)は「分配法則」を使います。分配法則とは

  • a(b+c)=ab+ac

これを3(x+y)と-4(2x+3y)の両方に当てはめれば

3(x+y)=3x+3y
-4(2x+3y)=-8x-12y

となり,あとはこれらを足し引きし,整理します。

3(x+y)-4(2x+3y)
=3x+3y-8x-12y
=3x-8x+3y-12y
=-5x-9y

答案

(1)

3a-a+1
=2a+1

(答え)2a+1

(2)

3(x+y)-4(2x+3y)
=3x+3y-8x-12y
=-5x-9y

(答え)-5x-9y

関連記事

have been to ~ 「~に行ったことがある」(現在完了形の「経験」)

例文 I have been to the United States.(私はアメリカに行っ

記事を読む

decide to ~ 「~することを決意する」(to不定詞の名詞的用法)

例文 I decided to go to senior high school.(私は高校

記事を読む

if ~(もし~ならば)

例文 If you have any questions, please ask me.

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[1]1次関数

2015年のセンター試験、数学Ⅰ・Aの第1問は2次関数だったので、2016年も引き続き2次関数が出る

記事を読む

自然数の集合の個数(数学A)

例題 1から50までの自然数で,次を満たすものの個数を求めよ. (1)5で割って1余る数

記事を読む

2次関数(中学)の変化の割合の公式

例題 (1)関数y=ax2について,xの値がbからcまで増加するとき,変化の割合はa(b+c)と表

記事を読む

文字式による説明(十の位と一の位の数の計算)

例題 2桁の自然数と,その数の十の位の数と一の位の数を入れ替えた数との和は11の倍数になります。そ

記事を読む

2次関数の決定(中学)

例題 yはxの2乗に比例し,x=-2のときy=8です。このとき,以下の(1),(2)に答えなさい。

記事を読む

文字式による説明(3の倍数の見分け方の証明)

例題 3けたの自然数Aがあり,その百の位,十の位,一の位の和が3の倍数ならば,Aは3の倍数である。

記事を読む

計算

平方根の近似値の求め方

例題 \sqrt{2}=1.414[/math]として,以下の値を求めなさい。 (1)\sq

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑