*

文字式による説明(連続した整数の和)

公開日: : 最終更新日:2014/06/14 中学, 数学 ,

例題

5つの続いた整数の和は5の倍数になります。このわけを説明しなさい。

解説・解法

たとえば1から始まる数字を5つ続けて書くと,1,2,3,4,5となり,それぞれ足すと1+2+3+4+5=10になり,5の倍数ですね。

3から始まるものも同様に,3+4+5+6+7=25となり,やはり5の倍数。
全部の数について,5つ足したら5の倍数だとチェックしていると・・・日が暮れるどころか人生が終わってしまいますので,どうにかして楽な方法を見つけましょう。こういうときに文字を使うのです。

スポンサードリンク

5つ文字の中で一番小さい数をnとしましょう。2番目に小さい数は,nという文字を使うとどんなようになるでしょうか?たとえば一番小さい数が1だったら,2番目に小さい数は2となりますし,一番小さい数が3だったら,2番目に小さい数は4となります。

(1番小さい数)=n → (2番目に小さい数)=□
(1番小さい数)=1 → (2番目に小さい数)=2
(1番小さい数)=3 → (2番目に小さい数)=4

つまり,2番目に小さい数は1番目に小さい数に比べて1大きい・・・ということは,一番小さい数がnの場合,nより1大きい数となります。「nより1大きい数」をnを使って表すと,何だか分かりますか?

(2番めに小さい数) = (nより1大きい数) = (nに1を足した数) = n+1

となるのです。同じように,真ん中の数(3番目に大きい数)は,先に出した「2番目に大きい数」よりも1大きいので,n+1に1を足すという考えです。

n+1+1=n+2

この要領で,残りの2つの数(4番目に小さい数と一番大きい数)をnを使って表すと,

4番目の数:n+2+1=n+3
一番大きい数:n+3+1=n+4

となります。これらを足し算して和を求めると

n+(n+1)+(n+2)+(n+3)+(n+4)
=5n+10

となります。ここで,分配法則の逆を使っていきます。5n+10,それぞれ5で括ってしまいましょう。

5n+10=5(n+2)

これについて考えてみると,nが整数なので,カッコの中身の(n+2)も整数だということが分かります。一方で,カッコの外に5が付いている,つまり

5(n+2) は  5×(整数)

だということが分かります。5に整数をかけたものならば5の倍数になりますよね。あとはその要点を答案にまとめていきましょう。

答案

5つの連続した整数のうち,最も小さい数をnとすると,連続した5つの整数は

n,n+1,n+2,n+3,n+4

と表され,その和は

n+(n+1)+(n+2)+(n+3)+(n+4)
=5n+10
=5(n+2)

n+2は整数だから,5(n+2)は5の倍数。
したがって,5つの連続した整数は5の倍数となる。

(証明終わり)

これ,計算を省略,というか簡単にする別解があるのです。真ん中の数をnと置いてみると少しスッキリしますよ。

別解

5つの連続した整数のうち,真ん中の数をnとすると,連続した5つの整数は

n-2,n-1,n,n+1,n+2

と表され,その和は

(n-2)+(n-1)+n+(n+1)+(n+2)
=5n

nは整数だから,5nは5の倍数。
したがって,5つの連続した整数は5の倍数となる。

(証明終わり)

関連記事

計算

連立方程式(加減法)1

例題 以下の連立方程式を解きなさい。 2x-2y=6・・・・① x+2y=3・・・・②

記事を読む

分母の有理化

例題 次の数の分母を有理化しなさい。 (1)\frac{\sqrt{3}}{\sqrt{2}}[

記事を読む

関数y=ax2乗で変域からaの値を求める

例題 関数y=ax2について,xの変域が-2≦x≦4のとき,yの変域は0≦y≦8である。このとき,

記事を読む

鉱産資源・石油の産出地(世界地理)

高校入試の中でもちらほら見られる「鉱産資源」とその中でも代表的な「石油」について大雑把にまとめてみま

記事を読む

teach 人 物 = teach 物 to 人(人に物を教える)

例文 Please teach me English.(私に英語を教えてください) Pl

記事を読む

数字

多項式の乗法公式

例題 次の計算をしなさい。 (1)(x+1)(x-3) (2)(x+5)2 (3)(x-

記事を読む

相似(平行・三角形と線分の比)

例題 図の三角形で,BC//DE,AB=6cm,AD=4cm,DE=6cm,AE=5cmのとき,次

記事を読む

1次関数(グラフから直線の式を求める)

例題 下の図で,(1)青色で表される直線と,(2)赤色で表される直線の式を求めなさい。

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[1]1次関数

2015年のセンター試験、数学Ⅰ・Aの第1問は2次関数だったので、2016年も引き続き2次関数が出る

記事を読む

xの4乗+4 の因数分解(数学1)

例題 x4+4=(x2+アx+イ)(x2-ウx+エ) と因数分解できる。(アからエまでの空欄には

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

come up with ~(~を思いつく)

例文 Don't wait until you're in a cr

A as well as B (BだけでなくAも)

例文 We need experience as well as k

→もっと見る

PAGE TOP ↑