*

素因数分解・素数とは

公開日: : 最終更新日:2014/05/09 中学, 数学

例題

次の数を素因数分解しなさい。

(1)14
(2)18
(3)96
(4)250

スポンサードリンク

素数とは?

素数とは,1とその数自身以外に約数をもたない自然数で,その数より小さい自然数の積で表せない数を指します。

説明だけしていても「何のこっちゃ」でしょうから,実例を挙げますと

  • 2=1×2→2は素数。
  • 3=1×3→3は素数。
  • 4=2×2→4は素数でない
  • 5=1×5→5は素数。
  • 6=2×3→6は素数でない
  • 7=1×7→7は素数。
  • 8=2×4→8は素数でない
  • 9=3×3→9は素数でない

という風に,「2以上の自然数」×「2以上の自然数」と表せるものは素数ではありません。

素因数分解とは?

自然数を,素数の積の形で表すことを素因数分解と言います。先ほどの例で言うと,

  • 4=2×2
  • 6=2×3

などの形で表すことです。

解説・解法

(1)素因数分解の基本ですが,偶数は2で割れる,ということから始めましょう。14÷2=7で,7は素数ですので,

14=2×7

(2)先ほどと同様,18も偶数ですから,2で割りましょう。18÷2=9ですので,18=2×9と表せます。が,9は素数ではありません。9=3×3=32と表せます。素因数分解するときに2乗や3乗が出てきたら,2乗や3乗の形で書いてあげましょう。したがって,

18=2×9=2×32

(3)同様に,偶数なので2で割ります。96=2×48=22×24=23×12=24×6=25×3,という風にどんどん2で割っていきましょう。

96=25×3

(4)これも偶数ですので,2で割れますね。250=2×125,ここから,一の位が5の整数は5で割れますから,

250=2×125=2×5×25=2×5×5×5=2×53

答案

(1)14=2×7

(2)18=2×32

(3)96=25×3

(4)250=2×53

関連項目

関連記事

連立方程式文章題(池の周りを歩く)

例題 1周700mの池の周りをAさんとBさんが同じ地点から同時に出発して,それぞれ反対方向に歩くと

記事を読む

2次方程式の解き方(平方完成)

例題 以下の2次方程式を解きなさい。 (1)x2-2x-1=0 (2)x2-3x+1=0

記事を読む

数字

式の展開(置き換え)

例題 次の式を展開しなさい。 (1)(3x+2y)(3x-2y) (2)(5x-4y)2

記事を読む

go doing(~しに行く) / go shopping(買い物に行く)

例文 I go shopping.(私は買い物に行きます) I went shoppin

記事を読む

1次関数の求め方(傾きor切片が分かっている場合)

例題 次の(1)~(3)を満たす1次関数をそれぞれ求めなさい。 (1)傾きが-1で切片が4の1次

記事を読む

平方根の近似値

例題 電卓を使わずに,\sqrt{2}[/math]の近似値を,小数第2位を四捨五入して小数第1位

記事を読む

2次関数の決定(中学)

例題 yはxの2乗に比例し,x=-2のときy=8です。このとき,以下の(1),(2)に答えなさい。

記事を読む

2次方程式の文章問題(連続した3つの整数)

例題 3つの連続した整数があります。それぞれの整数を2乗した和は245です。このとき,3つの連続し

記事を読む

数字

多項式の乗法公式

例題 次の計算をしなさい。 (1)(x+1)(x-3) (2)(x+5)2 (3)(x-

記事を読む

There is ~ (~があります)

例文 This is a computer. (これはコンピューターです) There

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

come up with ~(~を思いつく)

例文 Don't wait until you're in a cr

A as well as B (BだけでなくAも)

例文 We need experience as well as k

→もっと見る

PAGE TOP ↑