中学 社会

扇状地と三角州の違い

更新日:

扇状地とは

扇状地(せんじょうち)は,川の流れが山から平地へと下りてくる際に,斜面が急になった場所から緩やかになる場所に土砂がたまり,そこが土砂が堆積し,埋め立てられて出来た,扇形(扇子形)の地形です。

ジャリが積もって出来ているので,水はけがよく,果樹を栽培するのに適しています。

スポンサードリンク

三角州とは

扇状地が川の斜面が急なところからできた土地に対し,三角州(さんかくす)は河口付近(川が海・湖に流れていく場所)に出来る土地で,河口付近なので土地が平らになり,市街地の発達に適しています。また,流れ込むものは扇状地のような石やジャリではなく,細かい砂や泥のため,水田にも使われたりしていました。

その他日本の地形の特徴(執筆中)

  • 台地
  • 低地







-中学, 社会
-, ,

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.