*

根号を含む式の値

公開日: : 中学, 数学

例題

x=\sqrt{3}+\sqrt{2},y=\sqrt{3}-\sqrt{2}のとき,以下の式の値を求めなさい。

(1)x2+2xy+y2
(2)x2-y2
(3)x2+xy

スポンサードリンク

どうやって計算するか

kokuban普通に代入しても,もちろん解けます。ただ,(1)を見たら分かるように,(長い2乗の展開公式)+(わずらわしい掛け算)+(長い2乗の展開公式)・・・・。これ,見るだけで計算ミスしそうではないでしょうか?

大概の場合,学校では展開の乗法公式や分配法則を使った平方根を学習した後で本問を学習します。となると何を使うのか?因数分解くさいですね。当たりです。

解説・解法

(1)では,パッと見で,因数分解の公式

  • x2+2xy+y2=(x+y)2

これが使えそうですね。

(x^{2}+2xy+y^{2})
=(x+y)^{2}
=\{(\sqrt{3}+\sqrt{2})+(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}^{2}
=(2\sqrt{3})^{2}
=12

(2)これも,因数分解の公式

  • x2-y2=(x+y)(x-y)

が使えますので,使えるものは積極的に使っていきましょう。

x^{2}-y^{2}
=(x+y)(x-y)
=\{(\sqrt{3}+\sqrt{2})+(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}\{(\sqrt{3}+\sqrt{2})-(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}
=2\sqrt{3} \times 2\sqrt{2}
=6\sqrt{6}

(3)これは普通に計算してもいいですが,カッコでくくり出してx2+xy=x(x+y)として計算してみましょう。

x^{2}+xy
=x(x+y)
=(\sqrt{3}+\sqrt{2})\{(\sqrt{3}+\sqrt{2}+(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}
=(\sqrt{3}+\sqrt{2})\times 2\sqrt{3}
=\sqrt{3} \times 2\sqrt{3}+ \sqrt{2} \times 2\sqrt{3}
=6+2\sqrt{6}

答案

(1)

(x^{2}+2xy+y^{2})
=(x+y)^{2}
=\{(\sqrt{3}+\sqrt{2})+(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}^{2}
=(2\sqrt{3})^{2}
=12・・・(答え)

(2)

x^{2}-y^{2}
=(x+y)(x-y)
=\{(\sqrt{3}+\sqrt{2})+(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}\{(\sqrt{3}+\sqrt{2})-(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}
=2\sqrt{3} \times 2\sqrt{2}
=6\sqrt{6}・・・(答え)

(3)

x^{2}+xy
=x(x+y)
=(\sqrt{3}+\sqrt{2})\{(\sqrt{3}+\sqrt{2}+(\sqrt{3}-\sqrt{2})\}
=(\sqrt{3}+\sqrt{2})\times 2\sqrt{3}
=6+2\sqrt{6}・・・(答え)

 

関連記事

連立方程式文章題(池の周りを歩く)

例題 1周700mの池の周りをAさんとBさんが同じ地点から同時に出発して,それぞれ反対方向に歩くと

記事を読む

比較級と比較の文(taller than ~)

例文 He is tall.  (彼は背が高いです) He is taller than

記事を読む

sinθ+cosθの値からsinθcosθを求める 三角関数(数2)・三角比(数1)

例題 sinθ+cosθ=\frac{1}{3}[/math]のとき, sinθcosθ=-\f

記事を読む

相似の証明(2つの正三角形と共通な角)

例題 下図で,△ABCと△ADEは正三角形であり,頂点Cは辺DE上にあるとします。このとき,△AB

記事を読む

一次関数(正方形・長方形の周の長さ)

例題 以下の(1),(2)について,yをxの式で表しなさい。 (1)一辺の長さがxcmの正方

記事を読む

1次関数のグラフの書き方(傾きが分数)

例題 次の1次関数のグラフを方眼紙にかきなさい。 (1) y=\frac{1}{2}x-2[

記事を読む

分子と化学式・化学式の表し方

分子とは? 水素や酸素は,2個の原子で1つの単位を作っています。この単位を分子と言います。たとえば

記事を読む

変化の割合(反比例の場合の求め方)

例題 関数y=\frac{12}{x}[/math]について,(1),(2)の変化の割合を求めなさ

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第2問[1]三角比

第1問をサクッと攻略したところで、第2問に入りましょう。第2問はが三角比,[2][3]がデータの分析

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第3問 確率

2016年のセンター試験数学1Aは、第1問・第2問が必須問題で、第3問~第5問が選択問題です。第3問

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年度のマーク模試月別まとめ(センター試験対策)

各予備校から、年間のマーク模試ラインナップが揃ったようなので、自分用メ

2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

→もっと見る

PAGE TOP ↑