*

塩化銅水溶液の電気分解

公開日: : 中学, 理科

塩化銅の電気分解

中学の理科の実験(高校入試問題)でよく出てくる電気分解と言えば,水の電気分解の他に塩化銅の電気分解があります。

塩化銅という青い粉(劇薬なんですが・・)を水に溶かしてできた塩化銅水溶液をビーカーの中に入れ,ふたをして電極を付け,塩化銅水溶液を電気分解すると,・・・

スポンサードリンク
  • +極側からは,気体の塩素が発生します。塩素は有毒なので,手であおぐようにしてにおいをかぎましょう。また,実験中は(先生の指示があると思いますが)換気をするようにしましょう。
  • -極側は,電気分解するにつれ,ボコボコっと盛り上がるように膨れ上がります。電極とは違う赤色(赤褐色)なので「なんか変だな?」と思うかもしれませんが,電気分解し終わった後に,電極についたこの物質を取って磨くと,ピカピカした金属光沢が見えます。金属の銅ができたのです。

というわけで,

まとめると

塩化銅→銅+塩素

という風に分解するわけです。銅も塩素もこれ以上分解できない物質です。

化学反応式

CuCl2→Cu+Cl2

確認問題

【1】次の文の空欄(1)~(3)をうめましょう。また,[a],[b]に当てはまるものを選びましょう。

塩化銅水溶液に電極をつけ,電流を流すと,+極側からは[a気体/液体/固体]の(1  )が発生し,-極側からは[気体/液体/固体]の(2  )が付着する。

このように,1種類の物質が2種類以上の別の物質になることを(3  )と言い,電流を流して(3)することを(4  )という。

【2】 【1】の下線部で発生した物質のにおいをかぐときは,どのようにしてかげばよいですか。

確認問題の解答例

【1】(1)塩素 (2)銅 (3)分解 (4)電気分解 (a)塩素 (b)銅
【2】(例)手であおぐようにしてかぐ。 など

関連記事

try to ~「~しようとする」(to不定詞の名詞的用法)

例文 He tried to speak English.(彼は英語を話そうとしました)

記事を読む

someとanyの違い(いくつか/何か/ひとつも~ない)

例文 I have some questions. (いくつか質問があります) Do y

記事を読む

計算

式の値(中3)

例題 x+y=4,xy=3のとき,x2+y2の値を求めなさい。 解説・解法 「式の値」を求める

記事を読む

中学社会(公民)問題集 一問三答編

中学社会の公民分野で、1つの問題につき答えが3つあるものを集めてみました。知識の整理にお役立てくださ

記事を読む

受身形(受動態)の基本 be 過去分詞 by someone

例文 He wrote this letter.(彼はこの手紙を書きました) This

記事を読む

数字

式の展開(置き換え)

例題 次の式を展開しなさい。 (1)(3x+2y)(3x-2y) (2)(5x-4y)2

記事を読む

代名詞・所有格(my,your,his/her,someone’s,our,theirなど)

例文 This is my computer.(これは私のコンピュータです) This

記事を読む

単体と化合物の違い・分子を作るものと作らないもの

単体と化合物の違い 分子と化学式でも少し習いましたが化学式で書いてみると, 水素・・・H2

記事を読む

分母の有理化

例題 次の数の分母を有理化しなさい。 (1)\frac{\sqrt{3}}{\sqrt{2}}[

記事を読む

stop doing(動名詞) とstop to do(to不定詞)の違い

例文 I stopped to think about the problem.(私はその問

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年度のマーク模試月別まとめ(センター試験対策)

各予備校から、年間のマーク模試ラインナップが揃ったようなので、自分用メ

2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

→もっと見る

PAGE TOP ↑