*

燃焼とは(スチールウールの燃焼)

公開日: : 中学, 理科

燃焼とは?

激しい光や熱を出しながら酸素と化合することを燃焼と言います。酸素と化合することを酸化と言います(中学理科の知識では・・)。

スチールウールを燃焼すると

金属製のたわしとしてよく使われているスチールウールですが,繊維は鉄で出来ており,中は空気(酸素)を通すので,鉄の燃焼実験に適しています。まず,熱する前に,スチールウールウールの重さを計っておきましょう。

ハンディ・クラウン スチールウール #00

スポンサードリンク
スチールウールをガスバーナーで熱すると,熱した部分が炎で赤くなり,段々と赤色だった部分が黒くなっていきます。熱し終わったら,加熱後の重さをまた計ってみましょう。少し重くなっているはずです。さらに磁石に近づけてみると,普通鉄ならくっつくはずが,くっつかなくなっています。

スチールウールが別の物質に変化したのです。激しい光や熱を出しながら酸素と化合した・・燃焼ですね。スチールウールの鉄は変化して「酸化鉄(FeO)」になりました。鉄が酸素と結びついたので,反応前よりも質量は大きくなりました。化学反応式は

2Fe + O2 → 2FeO

となります。

練習問題

以下の文を読んで,(1)~(3)に答えましょう。

スチールウールをガスバーナーで熱すると,①激しい熱と光をあげて燃えた。②もとのスチールウールとは別の物質ができた。もとのスチールウールと燃えた後の物質にそれぞれ磁石を近づけてみたところ,( ③ )。

(1)下線部①のように,激しい光や熱を出して酸素と反応することを何といいますか?

(2)下線部②の「もとのスチールウールとは別の物質」とは何か言いましょう。

(3)③に入る適切な文を下記から選び記号で答えましょう。

  1. 反応前のスチールウールと燃えた後の物質の両方とも磁石に付いた。
  2. 反応前のスチールウールと燃えた後の物質の両方とも磁石に付かなかった。
  3. 反応前のスチールウールだけ磁石についた。
  4. 燃えた後の物質だけ磁石についた。

練習問題の解答例

(1)燃焼

(2)酸化鉄

(3)3

関連記事

have to ~ 「~しなければならない」

例文 I finish my homework.(私は宿題を終わらせます) I have

記事を読む

call A B 「AをBと呼ぶ」

例文 (1)People call him Mike.(人々は彼をマイクと呼びます) (

記事を読む

扇状地と三角州の違い

扇状地とは 扇状地(せんじょうち)は,川の流れが山から平地へと下りてくる際に,斜面が急になった場所

記事を読む

連立方程式文章題(一の位と十の位)

例題 2けたの自然数があり,その十の位の数と一の位の数の和は12です。また,この自然数の十の位と一

記事を読む

連立方程式の文章題(一の位と十の位・応用編)

例題 2桁の自然数があり,この自然数の十の位を3倍した数と一の位の数の和は20である。また,この自

記事を読む

変化の割合(反比例の場合の求め方)

例題 関数y=\frac{12}{x}[/math]について,(1),(2)の変化の割合を求めなさ

記事を読む

文字について解く(円柱・円錐の体積)

例題 円周率をπとするとき,次の(1),(2)について,Vをπ,r,hの式で表し,それぞれhについ

記事を読む

連立方程式文章題(代金の問題)

例題 52円切手と82円切手を合わせて20枚買い,代金は1490円でした。52円切手と82円切手を

記事を読む

酸化銅の還元(活性炭を用いた実験)

酸化銅と活性炭の混合物を加熱する 酸化銅(化合物の項目でちょっと触れました)は銅を空気中で加熱し,

記事を読む

酸化銀の熱分解・還元

酸化銀って? 炭酸水素ナトリウムの熱分解については先述しましたが(リンク先参照),今回は酸化銀の熱

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

come up with ~(~を思いつく)

例文 Don't wait until you're in a cr

A as well as B (BだけでなくAも)

例文 We need experience as well as k

→もっと見る

PAGE TOP ↑