*

2点を通る1次関数の求め方

公開日: : 中学, 数学

例題

(3,-2),(-2,8)の2点を通る1次関数の式を求めなさい。

解説・解法

1次関数の中で最も典型的で定期テストに出やすい問題です。この分野は連立方程式も絡んできますので,学校の先生も学習度合いが測れて,良い問題だと思っているからではないでしょうか。

スポンサードリンク

さて,解き方ですが,1次関数なので,まずは基本形

y=ax+b・・・①

とおきましょう。そして,通る点の座標を代入していきます。①の1次関数のグラフは点(3,-2)を通るので,「x=3のときy=-2」と言い換えることができます。これを①の式に代入すると

-2=3a+b・・・②

さらに,点(2,-8)を通るので,「x=-2のときy=8」と言っています。これを①に代入すると,

8=-2a+b・・・③

になります。そうすると,②と③が,aとbの連立方程式になりました。加減法でこの連立方程式を解いていきましょう。②の式から③の式を引いて

-10=5a
a=-2

となり,aが求められました。あとはこれを②か③のどちらかに代入すればOK。今回は②に代入してみましょう。

-2=3×(-2)+b
-2=-6+b
b=4

これでbも求められました。最後に,①の式にa=-2,b=4を代入してできた式が,求める1次関数になります。

y=-2x+4

答案

y=ax+bとおくと,点(3,-2)を通るから

-2=3a+b・・・①

また,点(2,-8)を通るから

8=-2a+b・・・②

①-②より

-10=5a
a=-2

これを①に代入して

-2=3×(-2)+b
-2=-6+b
b=4

したがって,求める1次関数はy=-2x+4

(答え)y=-2x+4

関連記事

平方根の近似値

例題 電卓を使わずに,\sqrt{2}[/math]の近似値を,小数第2位を四捨五入して小数第1位

記事を読む

2015年東京大学数学(文科)第1問の考え方(A)

これまで「命題が真なら証明し、偽なら反例を・・・」という問題は京都大学では何度か出てきたことがありま

記事を読む

正多角形の内角の大きさを求める

例題 正十二角形の1つの内角の大きさを,(1),(2)のそれぞれの方法で求めなさい。 (1)

記事を読む

「十の位が等しく一の位の和が10」(十等一和)の数の計算

例題 次の(1)~(4)の計算をしなさい。 (1)63×67 (2)48×42 (3)74×

記事を読む

2014年センター試験数学1A解説・考え方 第1問[1]

2014年センター試験の数学1・数学Aの第1問の,解答に至るまでのざっくりとした考え方を示していきま

記事を読む

絶対値記号の外し方(数学1)

例題 次の式を,絶対値記号を外した形で表せ. (1)|x|+2 (2)|x+1|-3 (3)

記事を読む

2桁の掛け算(2乗-2乗)

例題 次の(1)~(5)をくふうして計算しなさい。 (1) 51 × 49 (2) 42 × 58

記事を読む

平方根(根号を使わずに表す・正の平方根・負の平方根)

例題 次の数を,根号を使わずに表しなさい。 (1)[math]\sqrt{25}[/math]

記事を読む

連立方程式文章題(食塩水の濃度)の解き方

例題 7%の食塩水と13%の食塩水を混ぜて11%の食塩水を300g作りたい。このとき,7%の食塩水

記事を読む

平方根(ルート)の中に入ったnの個数を求める

例題 nを自然数として,以下の(1),(2)に答えなさい。 (1)2 < \sqrt{n}[

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑