中学 社会

鉱産資源・石油の産出地(世界地理)

投稿日:

高校入試の中でもちらほら見られる「鉱産資源」とその中でも代表的な「石油」について大雑把にまとめてみました。

鉱産資源とは?

鉱産資源とは,石油(原油)・石炭・天然ガスなどのエネルギーや金属,あるいは工業などの原料として使われるもの(鉱物・岩石)の総称です。

石油(原油)の主な産出地

ペルシア湾岸(ペルシャ湾岸)

西アジアに位置し,周りがイラン(地図中Iran)・イラク(Iraq)・サウジアラビア(Saudi Arabia)・クウェート(Kuwait)などに囲まれており,石油価格が引き金となって1994年,湾岸戦争が起こったこともあります。
Persian_Gulf_map

カスピ海

「海」と書かれているのに湖です。世界最大の湖です。中央アジアと東ヨーロッパの間に位置しており,10世紀頃から石油が取られていたとか。
Caspian Sea from orbit

 

カリブ海

こちらは本物の海で,南北アメリカの中間に位置します。

Topographic30deg N0W60.png
"Topographic30deg N0W60". Licensed under Public domain via Wikimedia Commons.

世界の石油産出国上位

「石油産出国ランキング」は年によって若干変動がありますので,入試問題には何かしらのヒントと関連付けて出題されることがありますが,定期テストだとまれにノーヒントで来ることもあります。2012年版で覚えておきましょう。出典は「BP世界エネルギー統計2013」(原油生産(2012年))1日あたりの生産量。

  • 1位 サウジアラビア
  • 2位 ロシア
  • 3位 アメリカ合衆国
  • 4位 中華人民共和国(中国)
  • 5位 カナダ

2008年のデータでは,ロシアが1位になっていたこともあり,また,イランが5位に入っていましたので,グラフ問題が出たときは,何年のデータかということも注意を払って思い出していきましょう。

確認問題

以下の文中の( )にあてはまる語を埋めて,文章を完成させましょう。

( 1 )や石炭,天然ガスなどのエネルギー資源や金属,工業の原料として使われる資源は( 2 )と呼ばれている。特に( 1 )は自動車の燃料や火力発電の燃料の一つとしてとして広く普及している。

( 1 )の産出地で有名なのは,西アジアの( 3 )湾やカスピ海・アメリカにあるカリブ海などで,( 1 )の産出上位国としては,( 4 ),( 5 ),( 6 ),中国,カナダ,イランなどが挙げられる。

確認問題の解答例

(1)石油(原油) (2)鉱産資源 (3)ペルシャ(ペルシア) (4)(5)(6)サウジアラビア・ロシア・アメリカ(合衆国)※順不同可







-中学, 社会

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.