*

連立方程式(分数)の解き方

公開日: : 最終更新日:2014/11/04 中学, 数学

例題

次の連立方程式を解きなさい。

(1)

\frac{1}{2}x+\frac{2}{3}y=-3・・・①
x-y=8・・・②

(2)

2x+y=3・・・①
x-3y=2・・・②

解説・解法

(1)問題に分数が含まれてきて,分数が苦手な方にとっては本当に残念な問題になってしまいましたが,「残念だ・・」と思いながら解いていきましょう。①の左辺について,xの係数の分母が2,yの係数の分母が3なので,2と3の最小公倍数の6を両辺にかけてあげれば整数になります。

①の両辺に6をかけて,

\frac{1}{2}x \times 6+\frac{2}{3}y \times 6=-3 \times 6・・・①
3x+4y=-18・・・③

これと,②とで式をつくって,加減法で解けば良いので,

  3x+4y=-18 ・・・③
+)4x-4y= 32 ・・・②×4

これらを足して

7x=14
x=2

これを③に代入して

3×2+4y=-18
6+4y=-18
4y=-24
y=-6

となって,①の式を「分数でなくしてしまうことさえできれば」解にたどり着くことができます。

スポンサードリンク

(2)あれ?これって普通に連立方程式解けばいいんじゃね?と思って解いてみてください。解けます。多分。①×3-②でうまくいくのではないかと思います。

 6x+3y=9・・・①×3
+)x-3y=2・・・②

これらを足して

7x=11
x=\frac{11}{7}

というわけで,解が分数になってしまいました。少し嫌な予感がしますが,実際定期テストでは特に,解が分数になる問題を数個用意しています(みんな分数が苦手なことを見越してのことか・・・)。

続き。同じように②に代入して,yの値を求めます。

\frac{11}{7}-3y=2
-3y=2-\frac{11}{7}
-3y=\frac{14}{7}-\frac{11}{7}
-3y=\frac{3}{7}
y=-\frac{1}{7}

この問題ように,テストで出て,連立方程式を解いて,解が分数になったときは一旦それはそれで答えとしておいて,問題を全部解いたあとに実際に代入してみて,ちゃんと式が成り立っているか確認(検算)するのが効率的かな,と思います。

答案

(1)

3x+4y=-18 ・・・①×6
4x-4y= 32 ・・・②×4

それぞれ足して 7x=14,x=2  これを②に代入して 2-y=8,y=-6

(答え)x=2,y=-6

(2)

6x+3y=9・・・①×3
x-3y=2・・・②

それぞれ足して,7x=11,x=\frac{11}{7},これを②に代入して\frac{11}{7}-3y=23y=-\frac{3}{7}y=-\frac{1}{7}

(答え)x=\frac{11}{7}y=-\frac{1}{7}

関連記事

炭酸水素ナトリウムと塩酸の反応(質量保存の法則)

塩酸と炭酸水素ナトリウムの反応 密閉したプラスチック容器内に,試験管を入れ,そこにうすい塩酸(液体

記事を読む

世界の地形・造山帯

造山帯とは 教科書には多少小難しく書いてありますが,大雑把にこう捉えておけばいいのではないかなと思

記事を読む

xの4乗+4 の因数分解(数学1)

例題 x4+4=(x2+アx+イ)(x2-ウx+エ) と因数分解できる。(アからエまでの空欄には

記事を読む

sinθ+cosθの値からsinθcosθを求める 三角関数(数2)・三角比(数1)

例題 sinθ+cosθ=\frac{1}{3}[/math]のとき, sinθcosθ=-\f

記事を読む

make O C(OをCにする)

例文 I feel happy when I listen to this song.(この

記事を読む

sinθ+cosθの値からsin3乗+cos3乗の値を求める(数学2・三角関数)

例題 \sin\theta+\cos\theta=\frac{3}{5}[/math]のとき,

記事を読む

中学で覚える原子の記号(元素記号)

原子の記号は覚えるしかない 炭酸水素ナトリウムの熱分解の記事中に「化学反応式」って項目が出てきたと

記事を読む

日本の林業の特色と木材輸入自由化の波

日本の林業は針葉樹が中心 日本の林業は昔から針葉樹(葉っぱがトゲトゲとしている樹木のこと。対義語は

記事を読む

計算

式による説明(百の位と一の位を入れ替えて99の倍数)

例題 1の位が0でない3けたの自然数がある。この数と,百の位と一の位を入れ替えて出来る数との差は9

記事を読む

連立方程式の文章題(団体割引の入場料)

例題 ある動物園では、20名以上の団体で入場すると,1人あたり100円の割引を受けることができる。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑