中学 理科

中学範囲で習う化学反応式まとめ

投稿日:

中学範囲で覚えておくべき化学反応式をまとめました。

化合・燃焼の化学反応式

  • 水素と酸素の混合気体に点火すると,水ができる

2H2 + O2 → 2H2O

  • 木炭を燃焼させると,二酸化炭素が発生する(「木炭の燃焼」のページ参照)

C + O2 → CO2

スポンサードリンク

2Fe + O2 → 2FeO

2Mg + O2 → 2MgO

2Cu + O2 → 2CuO

Fe + S → FeS

 分解の化学反応式

  • 炭酸水素ナトリウムを加熱すると,炭酸ナトリウムと水と二酸化炭素に分解する。(「炭酸ナトリウムの熱分解」のページ参照)

2NaHCO3 → Na2CO3 + H2O + CO2

  • 水(うすい水酸化ナトリウム水溶液)を電気分解すると,-極側からは水素,+極側からは酸素が発生する。(「水の電気分解」のページ参照)

2H2O → 2H2 + O2

  • 塩化銅水溶液を電気分解すると,-極側からは銅が析出し,+極側からは塩素が発生する。(「塩化銅水溶液の電気分解」のページ参照)

CuCl2 → Cu + Cl2

酸化・還元の化学反応式

  • 酸化銅と活性炭の混合物を加熱すると,銅と二酸化炭素ができる。(「酸化銅の還元」のページ参照)

2CuO + C → 2Cu + CO2

他,定期テスト問題や公立入試問題などを見ていて,化学反応式を書かせる問題を発見次第,随時追加したいと思います。

練習問題

次の(1)~(4)の化学変化を化学反応式で書きましょう。

(1)水素と酸素の混合気体に点火すると水ができる。
(2)木炭を燃焼させると二酸化炭素が発生する。
(3)スチールウールを燃焼させると酸化鉄ができる。
(4)酸化銅と活性炭の混合物を加熱すると,銅と二酸化炭素ができる。

練習問題の解答例

(1)2H2 + O2 → 2H2O
(2)C + O2 → CO2
(3)2Fe + O2 → 2FeO
(4)2CuO + C → 2Cu + CO2







-中学, 理科

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.