*

中学範囲で習う化学反応式まとめ

公開日: : 中学, 理科

中学範囲で覚えておくべき化学反応式をまとめました。

化合・燃焼の化学反応式

  • 水素と酸素の混合気体に点火すると,水ができる

2H2 + O2 → 2H2O

  • 木炭を燃焼させると,二酸化炭素が発生する(「木炭の燃焼」のページ参照)

C + O2 → CO2

スポンサードリンク

2Fe + O2 → 2FeO

2Mg + O2 → 2MgO

2Cu + O2 → 2CuO

Fe + S → FeS

 分解の化学反応式

  • 炭酸水素ナトリウムを加熱すると,炭酸ナトリウムと水と二酸化炭素に分解する。(「炭酸ナトリウムの熱分解」のページ参照)

2NaHCO3 → Na2CO3 + H2O + CO2

  • 水(うすい水酸化ナトリウム水溶液)を電気分解すると,-極側からは水素,+極側からは酸素が発生する。(「水の電気分解」のページ参照)

2H2O → 2H2 + O2

  • 塩化銅水溶液を電気分解すると,-極側からは銅が析出し,+極側からは塩素が発生する。(「塩化銅水溶液の電気分解」のページ参照)

CuCl2 → Cu + Cl2

酸化・還元の化学反応式

  • 酸化銅と活性炭の混合物を加熱すると,銅と二酸化炭素ができる。(「酸化銅の還元」のページ参照)

2CuO + C → 2Cu + CO2

他,定期テスト問題や公立入試問題などを見ていて,化学反応式を書かせる問題を発見次第,随時追加したいと思います。

練習問題

次の(1)~(4)の化学変化を化学反応式で書きましょう。

(1)水素と酸素の混合気体に点火すると水ができる。
(2)木炭を燃焼させると二酸化炭素が発生する。
(3)スチールウールを燃焼させると酸化鉄ができる。
(4)酸化銅と活性炭の混合物を加熱すると,銅と二酸化炭素ができる。

練習問題の解答例

(1)2H2 + O2 → 2H2O
(2)C + O2 → CO2
(3)2Fe + O2 → 2FeO
(4)2CuO + C → 2Cu + CO2

関連記事

関数y=x^2のグラフの性質

例題 関数y=x2のグラフについて,以下の(1),(2)に答えなさい。 (1)以下の文中の{

記事を読む

紙ヒコーキ型図形の角度を求める(平行線と角)

例題 以下の図で,∠xの大きさを求めなさい。 解説・解法 三角形のような図形ですが,∠

記事を読む

日本の山(日本アルプス)と日本の海岸などの地形

日本アルプス 以下の3つの山脈を総称して,「日本アルプス」と言います。日本アルプスの中の3つの山脈

記事を読む

温室効果ガスと地球温暖化

化石燃料と温室効果ガス 前にも書きましたが,石油や石炭,天然ガスなどの化石燃料を燃やしてエネルギー

記事を読む

混合物と純粋な物質(純物質)の違い

混合物とは?純粋な物質(純物質)とは? たとえば身近な例で言うと食塩水でしょうか。「水(H2O)に

記事を読む

アンモニアの発生と吸熱反応(塩化アンモニウムと水酸化バリウム)

アンモニアの発生 ビーカーの中に塩化アンモニウム(固体の粉末)と水酸化バリウムを混ぜ(固体の粉末)

記事を読む

1次関数(変化の割合の求め方)

例題 (1)1次関数 y=3x+5 について,xが2から5まで増加したときのxの増加量と,yの増加

記事を読む

2015の素因数分解

例題 2015を素因数分解しなさい。 「年号」の問題 年号に関連した問題は,高校入試でも,大学

記事を読む

一次関数(正方形・長方形の周の長さ)

例題 以下の(1),(2)について,yをxの式で表しなさい。 (1)一辺の長さがxcmの正方

記事を読む

buy 人 物 = buy 物 for 人 (人に物を買う)

例文 He bought a book.(彼は本を買いました) He bought me

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑