中学 理科

電解質と非電解質

投稿日:

さまざまな水溶液に電極をつけて電流を流してみよう

2年生の「水の電気分解」の項目で少し触れましたが,たとえばうすい水酸化ナトリウム水溶液を電気分解したら,+極側からは酸素が,-極側からは水素が発生しました。

純粋な蒸留水だと電気を通さないことも同時に触れましたね。どのような水溶液が電気を通すか,あるいは通さないか,電源装置と,ビーカーの中に入れたさまざまな水溶液と電極,電流が流れたかを確かめるモーターを繋いで電源装置のスイッチを入れてみます。

スポンサードリンク

ビーカーの入れた水溶液の種類によって

  • うすい塩酸:モーターが動きました。つまり電流が流れたということ。
  • エタノール:モーターは動きませんでした。電流は流れなかったということですね。
  • 塩化銅水溶液:モーターが動きました。電流が流れました。
  • 砂糖水:モーターは動きませんでした。電流は流れませんでした。
  • 塩化ナトリウム水溶液:モーターが動きました。電流が流れました。

など,種類によって違うことが分かりました。2年生のおさらいですが,塩化銅水溶液は電気分解ができた,ということは電流を流すということですよね。

電解質とは?非電解質とは?

水に溶けて電気を流す物質を電解質,電気を流さない物質を非電解質と言います。上の例で言うと

  • 電解質:水酸化ナトリウム・塩化水素(水に溶かすと塩酸)・塩化銅・塩化ナトリウム
  • 非電解質:エタノール・砂糖水

などが挙げられます。

確認問題

以下のそれぞれの水溶液をビーカーに入れ,ビーカーに電極を付けて電源装置につなぎ,電流が流れるかを確かめました。このとき(1)~(4)に答えましょう。

砂糖水 食塩水 塩酸 エタノール 塩化銅水溶液 水酸化ナトリウム水溶液

(1)上記の水溶液を,「電流が流れたもの」「電流が流れなかったもの」に分けましょう。

(2)「電流を流す物質」のことを何といいますか。また,「電流を流さない物質」のことを何といいますか。

(3)上記の水溶液中に含まれる「電流を流す物質」をすべて書きましょう。

(4)(3)で示した物質を化学式で書きましょう。

確認問題の解答例

(1)電流が流れたもの:食塩水,塩酸,塩化銅水溶液,水酸化ナトリウム水溶液
電流が流れなかったもの:砂糖水,エタノール

(2)電流を流す物質:電解質 電流を流さない物質:非電解質

(3)食塩(塩化ナトリウム),塩化水素,塩化銅,水酸化ナトリウム

(4)塩化ナトリウム:NaCl,塩化水素:HCl,塩化銅:CuCl2,水酸化ナトリウム:NaOH







-中学, 理科

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.