*

助動詞must ~(~しなければならない)

公開日: : 中学, 英語

例文

  • You study hard.(あなたは一生懸命勉強します)
  • You must study hard.(あなたは一生懸命勉強しなければなりません)

must「~しなければならない」

“have to”で「~しなければならない」ということを習いましたが,”must”にも同じ意味があります。動詞の前にmustをつけて「~しなければならない」という意味を表します。mustの後にくる動詞は原形になります。

mustは助動詞なので,たとえば”I have to ~”の主語がheに変わったときに”He has to ~”というような語形変化はありません。つまり,主語がsheやheに変わっても”S/he must ~”とすれば良いです。

例文の解説

1文目は普通に

  • You study hard.(あなたは一生懸命勉強します)

となっていますが,動詞study(勉強する)の前にmustをつけて,例文の2文目

  • You must study hard.(あなたは一生懸命勉強しなければなりません)

という「~しなければならない」意味合いが加わります。

練習問題

次の日本語を英語に直してみましょう。

(1)あなたは宿題をします。
(2)あなたは宿題をしなければなりません。(have toを使わずに)

練習問題の考え方・解答例(訳例)

(1)「宿題をする」は”do ○○’s homework”(○○’sに来るのは所有格です)。主語はyouなのでここではyourを使います。(2)「~しなければならない」というときは,have toかmustを使えば良いですが,have toを使わない指定があるので,mustを使いましょう。

(1)You do your homework.
(2)You must do your homework.

関連記事

計算

素因数分解・素数とは

例題 次の数を素因数分解しなさい。 (1)14 (2)18 (3)96 (4)250

記事を読む

木炭の燃焼(炭素の燃焼)

木炭を燃焼させると,質量は・・ 空気中でスチールウールを燃焼させると鉄は酸素と結びつき,酸化鉄がで

記事を読む

数字

式の展開の文章題(連続した整数の平方)

例題 3,4,5のように連続した3つの整数をそれぞれ平方した数の和に1を足すと3の倍数になる。この

記事を読む

“show 人 物”で「人に物を見せる」

例文 Show me your picture.(あなたの写真を私に見せて。) Show

記事を読む

連立方程式(式が3つの形)

例題 以下の連立方程式を解きなさい。 3x+4y = -x-2y = 1 解説・解法 パ

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第3問B 不要文削除 問3

2016年センター試験英語、第3問B(不要文選択)の問1・問2からの続きです。前の問題から続けて見て

記事を読む

酸化銅の質量比(銅:酸素)の求め方

銅と加熱し,質量をはかる 銅の粉末を一定量ごとにステンレス皿に取って質量を測り,ステンレス皿ごとガ

記事を読む

式が3つ・文字が3つの連立方程式

例題 次の連立方程式を解きなさい。 x+y=1・・・① y+z=2・・・② x+z=5・・・

記事を読む

炭酸水素ナトリウムと塩酸の反応(質量保存の法則)

塩酸と炭酸水素ナトリウムの反応 密閉したプラスチック容器内に,試験管を入れ,そこにうすい塩酸(液体

記事を読む

decide to ~ 「~することを決意する」(to不定詞の名詞的用法)

例文 I decided to go to senior high school.(私は高校

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑