*

多項式の計算(カレンダーの文章題)

公開日: : 中学, 数学

例題

以下の[表1]は2015年1月のカレンダーを表したものです。これについて,(1),(2)に答えなさい。

(1)緑色で表した4つの数字について,14×20-13×21の結果を求めなさい。
(2)[表2]のように,カレンダーにある4つの数字について,左上の数字をa,右上の数字をb,左下の数字をc,右下の数字とするとき,bc-adは(1)で求めた数と同じ,一定の数になる。このことを証明しなさい。

[表1]

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

[表2]

a b
c d

解説・解法

スポンサードリンク

(1)この問題は単純に計算しましょう。

14×20-13×21=280-273=7

(2)(1)が超単純な計算問題の場合,そこそこ難しい(2)を解かせるための布石だったりすることもあります(大学入試問題でも同じことが言えます)。

まず,a,b,c,dという4つの文字がありますので,これを1つの文字に何とかしてまとめられないか?ということを考えましょう。aを基準とすると・・・

  • bは,aの次の日だから,bはaに1を足した数・・・b=a+1
  • cは,aの次の週だから,cはaに1週間(7日)を足した数・・・c=a+7
  • dは,bの次の週だから,dはbに7日を足した数・・・d=b+7=a+1+7=a+8

というわけで,b,c,dをaの式で表すことができました。では,これらをbc-adに代入しましょう。

bc-ad
=(a+1)(a+7)-a(a+8)
=a2+8a+7-(a2+8a)
=7

というわけで,aに全く関係のない7という数字が出てきており,7は(1)で計算した結果と同じ。これで証明完了になります。

カレンダーからある部分とある部分を掛けあわせて引いたりしたら,一定の数字になりますよ,ということを証明してくださいね,という問題は定期テストや入試にもでることがありますので,押さえておきましょう。

答案

(1)14×20-13×21=280-273=7

(答え)7

(2)b=a+1,c=a+7,d=a+8とおけるから,

bc-ad
=(a+1)(a+7)-a(a+8)
=a2+8a+7-(a2+8a)
=7

したがって,bc-adは7になる。

(証明終わり)

 

関連記事

go doing(~しに行く) / go shopping(買い物に行く)

例文 I go shopping.(私は買い物に行きます) I went shoppin

記事を読む

hope to ~ 「~することを望む」(to不定詞の名詞的用法)

例文 I hope to see you again.(またあなたにお会いしたいです)

記事を読む

1次関数(グラフから直線の式を求める)

例題 下の図で,(1)青色で表される直線と,(2)赤色で表される直線の式を求めなさい。

記事を読む

ルート(根号)を含む式の乗除(2)根号の中は小さい数に

例題 次の計算をしなさい。ただし,根号の中はできるだけ小さい数にしなさい。 (1)\sqrt{6

記事を読む

平方根の計算(乗法公式・分配法則を使う)

例題 以下の計算をしなさい。 (1)\sqrt{2}(1+\sqrt{2})[/math] (

記事を読む

1次関数のグラフの書き方(切片について)

例題 1次関数y=2x+1について,以下の(1),(2)に答えなさい。 (1)y=2xとy=

記事を読む

関数y=x^2のグラフの性質

例題 関数y=x2のグラフについて,以下の(1),(2)に答えなさい。 (1)以下の文中の{

記事を読む

動名詞(主語に来る場合の使い方)

例文 I play video games.(私はゲームをします) It's a was

記事を読む

2次方程式の解の公式の証明(発展)

例題 a,b,cを定数とするとき,2次方程式 ax2+bx+c=0 の解はx=\frac{-b\p

記事を読む

2015年東京大学数学(文科)第1問の考え方(A)

これまで「命題が真なら証明し、偽なら反例を・・・」という問題は京都大学では何度か出てきたことがありま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年度のマーク模試月別まとめ(センター試験対策)

各予備校から、年間のマーク模試ラインナップが揃ったようなので、自分用メ

2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

→もっと見る

PAGE TOP ↑