中学 英語

to不定詞「~するための」形容詞的用法

投稿日:

例文

  • Please give me something to drink. (私に何か飲む(ための)物をください)
  • He has a lot of homework to do.(彼はするべき宿題がたくさんあります)

to不定詞について

to不定詞の副詞的用法のページでも述べましたが,to不定詞は"to (動詞の原形)"で表され,「~するために(副詞的用法)」,「~するための(形容詞的用法)」,「~すること(名詞的用法)」の主に3つの意味を,中学で学習します。

スポンサードリンク
今回の例文では「~するための」という意味を表す「形容詞的用法」を学びます。

例文の解説

1個目の例文から。"to drink"を除いてもう一度文を見てみましょう。

  • Please give me something.

Pleaseは「~してください」の意味,give me somethingは,"give 人 物"で「人に物をあげる」という意味でしたね。somethingは「何か(もの)」という意味なので,ここまででは「私に何かください」という意味になります。somethingの後にto drinkをくっつけると,"something to drink"で「何か飲むための物」という意味合いになります。

名詞(something)のあとにto不定詞(to drink)をくっつけて,名詞(something)の説明をする(修飾する)ので,形容詞みたいな使い方・・・それが形容詞的用法です。

あまり日本語では「飲むための物」という言い回しは使いませんね。日本語で言うところの「飲み物」にあたりますので,"Please give me somthing to drink"で「何か飲み物をください」と訳せば良いでしょう。

2個目の例文も,to doを除いて

  • He has a lot of homework.

で一旦止めてここまでで意味をおさらいしましょう。"a lot of"は「たくさんの」,"homework"は「宿題」という意味でしたので,ここまでの意味は「彼はたくさんの宿題を持っている(たくさんの宿題がある)」という意味になります。

ここでも,"homewok(宿題)"の後に"to do(するための)"をつければ,「するための宿題」となります。これも,やや日本語が不自然なので「するべき宿題」と日本語の言い回しを変えてあげましょう。状況に応じて,to不定詞の形容詞的用法は

  • ~するための
  • ~するべき
  • ~する

など使い分けてあげてください。

確認問題

to不定詞を使って,次の日本語を英語で言ってみましょう。

(1)彼女のお母さんは,私に何か飲み物をくれました。
(2)私にはするべき宿題がたくさんあります。

確認問題の解答例(訳例)

(1)Her mother gave me something to drink.
(2)I have a lot of homework to do.







-中学, 英語

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.