*

式が3つ・文字が3つの連立方程式

公開日: : 中学, 数学

例題

次の連立方程式を解きなさい。

x+y=1・・・①
y+z=2・・・②
x+z=5・・・③

解説・解法

「式が3つ,文字が3つの連立方程式」は教科書でも発展レベルの問題ですが,解き方の基本的な考えが公立入試で誘導付きで出題されたこともあります。なので,解き方をマスターしておいた方が良いですね。

スポンサードリンク

文字が3つ,式が3つの場合,

  • 3つの式のうち,2つの式から1つの文字を消去した式を作る
  • 文字を消去した式と,残った式で連立方程式を作って解く

このやり方が一般的です。あとは加減法代入法を使って解いていきます。では実際にやり方に沿って解いてみましょう。①番の式から②番の式を引くと

x+y-(y-z)=1-2
x-z=-1・・・④

となり,xやzなどの値は求められなかったものの,新たな式が1つ得られました。④の式はxとzだけの式で,③もxとzだけの式なので,この2つの式で連立方程式を解くと,解が1つ出そうな気がしませんか?

③+④で式を作りましょう。

x+z+(x-z)=5-1
2x=4
x=2

となり,xが求められました。x+yについての式が①番,x+zについての式が③番なので,この勢いで他の文字も出せそうですね。この結果を①に代入すると

2+y=1
y=-1

x=2を③に代入すると,

2+z=5
z=3

となり,全ての文字について解が得られました。

答案

①-②より

x+y-(y-z)=1-2
x-z=-1・・・④

③+④より,

x+z+(x-z)=5-1
2x=4
x=2

x=2を①に代入して

2+y=1
y=-1

x=2を③に代入して

2+z=5
z=3

(答え)x=2,y=-1,z=3

 

関連記事

文字について解く(円柱・円錐の体積)

例題 円周率をπとするとき,次の(1),(2)について,Vをπ,r,hの式で表し,それぞれhについ

記事を読む

no image

中世ヨーロッパの出来事

中学社会の教科書で取り上げられている中世ヨーロッパの出来事をまとめてみました。 (1)十字軍(11

記事を読む

対頂角の性質(対頂角は等しい)

例題 以下の(1),(2)の図で,∠x,∠yの大きさをそれぞれ求めなさい。 (1) (2)

記事を読む

2次関数の決定(中学)

例題 yはxの2乗に比例し,x=-2のときy=8です。このとき,以下の(1),(2)に答えなさい。

記事を読む

buy 人 物 = buy 物 for 人 (人に物を買う)

例文 He bought a book.(彼は本を買いました) He bought me

記事を読む

再生可能エネルギーによる発電とリサイクル

環境問題に取り組む 今,日本の発電のほとんどを支える火力発電。そのエネルギー源となる化石燃料は限ら

記事を読む

鉱産資源・石油の産出地(世界地理)

高校入試の中でもちらほら見られる「鉱産資源」とその中でも代表的な「石油」について大雑把にまとめてみま

記事を読む

be動詞・過去形の疑問文・否定文

例文 She was busy yesterday.(彼女は昨日忙しかったです) Was

記事を読む

計算

連立方程式(加減法)1

例題 以下の連立方程式を解きなさい。 2x-2y=6・・・・① x+2y=3・・・・②

記事を読む

整数部分と小数部分(数学Ⅰ)

例題 a=\frac{1}{\sqrt{5}-2}[/math]とする.aの整数部分をb,小数部分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑