中学 社会

情報社会・インターネット・クレジットカード・電子マネー

投稿日:

スポンサードリンク

「情報社会」とは

テレビから入る映像,ラジオから聞こえる音声,新聞・雑誌などに見られる文字,これらはすべて情報として私たちの生活の中に入ってきています。生活の中に情報が浸透する社会は「情報社会」と言われています。

インターネットの良い点・注意点

インターネットの利用者数の増加は急速で,2000年代に入ると利用者数は5,000万人を超え,2012年末には9,600万人を超えています。もちろん,インターネットにも便利な点(良い点)・不便な点(悪い点)があります。たとえば,

スポンサードリンク

  • インターネットの便利な点:欲しい情報が素早く,瞬時に得られたり,意見の交換ができたりする。店舗とは違い,営業時間などを気にせず買い物ができる。
  • インターネットの不便な点:インターネット中にある大量の情報の中には,本当に正しい情報が流れているか確かではない点(たとえば,誰でも書き込める掲示板サイトでテストの調べ物をしていたら間違った情報を信じてしまったなど)。

また,インターネットを利用する場合,悪意のあるサイトなどから個人情報を抜き取られるおそれもありますので,十分注意しましょう。自分を含め,人の個人情報を流出させる行為も避けるべきです。

電子マネー・クレジットカード

電子マネーやクレジットカードの普及で,お金も一種の「情報」として扱われるようになりました。

たとえばコンビニでの支払いで,現金の代わりに電子マネーを利用する人を見かけたことはありませんか?電車に乗るとき,電子マネーのカードをかざして改札を通る人を見たことがありませんか?

このように,事前にカードの中にお金を入れて,そのお金で支払いを済ませるカードを「電子マネー」と言います。

また,電子マネーは事前にお金を支払う(プリペイドカード型の)ものが多いですが,使った分だけ後から請求が来る「クレジットカード」もあります。これにも便利な点・不便な点がありますね。便利な点は現金を持ち歩かずに買い物ができること。

不便な点は買ったレシートなどを控えておかないと,後から請求が来て「こんなに使ったっけ?!」とやりくりに困る点など。一長一短ありますね。

練習問題

以下の文章を読んで(1)~(3)に答えましょう。

私たちはテレビやラジオ,新聞・雑誌などさまざまな情報が流れてくる。生活の中に情報が浸透してくる社会を( a )と呼ぶ。

中でも( b )の普及は勢い良く,2000年には[ ア ]人,2012年では[ イ ]人超まで増加している。( b )の便利な点は欲しい情報がすぐに手に入る点や,時間を気にせず買い物が出来る点などがある。

一方で,( b )上にある情報が全て正しいというわけではないので,情報を見極めることも大事である。また,( c )情報の流出の危険性もあるので,無闇に( c )情報を書き込まないように注意した方が良い。

また,お金も情報の一種と捉えられており,カード型の「お金」として,[ X ]や[ Y ]などが普及している。

(1)(a)~(c)に当てはまる語を書きましょう。

(2)[ ア ],[ イ ]に当てはまる最も適切な数を1~4の中から選び,記号で答えましょう。

1.2,000万人  2.5000万人  3.7000万人  4.9,000万人

(3)[ X ],[ Y ]に当てはまる語を書きましょう。

練習問題の解答例

(1)(a)情報社会 (b)インターネット (c)個人
(2)[ア]2 [イ]4
(3)電子マネー・クレジットカード(順不同可)







-中学, 社会

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.