*

1次関数(x軸上で交わる)

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 中学, 数学

例題

2つの直線

2x+y=4・・・① と
ax-y=2・・・② がある。

直線①と直線②がx軸上で交わるとき,aの値を求めなさい。

解説・解法

「x軸上で交わる」ということをヒントにしましょう。それをヒントに順を追っていくと

  • 直線①と直線②の交点がx軸上にある
  • ・・・ので,直線①とx軸との交点の座標をまず求める[1]
  • 「直線①とx軸との交点の座標」は直線②も通るから,直線②の式にその座標を代入してみる[2]
  • すると,aについての方程式が出来るので,それを解いてaを求める[3]

・・・のようになります。

[1]~[3]の順番でやっていきましょう。まず[1]。「x軸」ときたら「y=0」だったのを覚えているでしょうか。覚えてない方,いらっしゃいましたら、「1次関数とx軸の交点の求め方」でおさらいしましょう。

スポンサードリンク

さて,「x軸」→「y=0」を①の式に代入してみましょう。①にy=0を代入して,

2x+0=4
2x=4
x=2

ということで,直線①とx軸の交点は(2,0)(x軸ときたらy=0なので,y座標は0ですね)となります。

次は[2]です。問題文中に「直線①と②がx軸上で交わる」と書かれていますので,これすなわち

「直線①とx軸との交点(2,0)を,直線②も通る」

と読み替えてあげましょう。(2,0)を直線②の式に代入すると,順番[3]でも言いましたが,aの方程式が作れます。これを解きましょう。

a×2-0=2
2a=2
a=1

となり,aの値が求められました。

答案

①とx軸の交点は,①にy=0を代入して

2x+0=4
2x=4
x=2

したがって交点の座標は(2,0)となり,これを②に代入して

a×2-0=2
2a=2
a=1

(答え)a=1

関連記事

6月の学年別勉強法とか学習計画とか(2014年度版)

単元別の攻略法や解き方などばっかり書いていても,それをしらみつぶしにやるのもなかなかマンネリ化してき

記事を読む

計算

文字について解く

例題 等式 l=2(a+b) をaについて解きなさい。 何の式? 長方形の周の長さをlとして,

記事を読む

太平洋ベルトと三大工業地帯(四大工業地帯)

太平洋ベルトとは 日本の農林水産業に続いて,工業のお話をします。日本は日本海側よりも太平洋側に工業

記事を読む

2乗に比例する関数の変化の割合

例題 関数y=2x2で,xの値が以下の(1),(2)のように増加したとき,変化の割合を求めなさい。

記事を読む

酸化銅の計算問題(未反応の銅の質量を求める)

例題 2.4gの銅をステンレス皿に入れ,加熱しました。ところが,加熱が不十分だったために,一部の銅

記事を読む

平方根の計算(乗法公式・分配法則を使う)

例題 以下の計算をしなさい。 (1)\sqrt{2}(1+\sqrt{2})[/math] (

記事を読む

木炭の燃焼(炭素の燃焼)

木炭を燃焼させると,質量は・・ 空気中でスチールウールを燃焼させると鉄は酸素と結びつき,酸化鉄がで

記事を読む

日本の農業(稲作・近郊農業・施設園芸農業・米出荷量)

日米で農業を比べてみる アメリカの農業,と言うと何を想像するでしょうか。「これは何だ?」と思うぐら

記事を読む

1次関数とx軸の交点の求め方

例題 1次関数y=-2x+6について,以下の(1)~(2)に答えなさい。 (1)切片を求めな

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[3]2次不等式

2014年までは、センター数1Aの第1問は2つに分かれていました。2015年は2次関数の1つだけ。2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年度のマーク模試月別まとめ(センター試験対策)

各予備校から、年間のマーク模試ラインナップが揃ったようなので、自分用メ

2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

→もっと見る

PAGE TOP ↑