中学 英語

stop doing(動名詞) とstop to do(to不定詞)の違い

更新日:

例文

  • I stopped to think about the problem.(私はその問題について考えるために立ち止まりました)
  • I stopped thinking about the problem.(私はその問題について考えるのをやめました)

stop ~ing(動名詞)とstop to ~(to不定詞)

"stop"という動詞は「~をやめる」という意味や,「立ち止まる」という意味があるのですが,stopの後にくる語によって意味が異なってきます。

スポンサードリンク

stopのあとにto不定詞がきた場合

stopの後にto不定詞が来て"stop to do"の形を取るとき,「~するために立ち止まる」という意味を表します。「~するために」はto不定詞の副詞的用法ですね。

stopのあとに動名詞がきた場合

stopの後に動名詞が来て"stop doing"の形を取るとき,「~するの(~すること)をやめる」という意味を表します。

例文の解説

例文1文目では,to不定詞を使っていますので「~するために立ち止まる」という意味合いです。

  • I stopped to think about the problem.(私はその問題について考えるために立ち止まりました)

例文2文目は,動名詞を使っていますので,「~するのをやめる」という意味合いで取ります。

  • I stopped thinking about the problem.(私はその問題について考えるのをやめました)

練習問題

以下の日本語を,to不定詞や動名詞を使って英語になおしてみましょう。

(1)私はスナック菓子(snacks)を食べるのをやめなければなりません。
(2)私はスナック菓子を食べるために立ち止まった。

練習問題の解答例

「~を食べる」はeatまたはhaveを使いましょう。
(1)「~しなければならない」はhave toまたはmustを使いましょう。

(1)I have to(must) stop eating(having) snacks.
(2)I stopped to eat(have) snacks.

関連記事

 







-中学, 英語

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.