*

2乗に比例する関数 変化の割合からaの値を求める

公開日: : 中学, 数学

例題

2つの関数

y=-2x+3・・・①
y=x2・・・②

がある。xの値がaからa+2まで増加するとき,①と②の変化の割合が等しくなる。このとき,aの値を求めなさい。

解法・解説

①は1次関数なので,aのあり・なしに関わらず,変化の割合は一定で(「1次関数の変化の割合の求め方」の項目も参照ください),傾き(y=ax+bのaの部分)の値と同じになります。したがって,

(変化の割合)=(傾き)=-2

となりますね。

一方,②の場合,変化の割合を計算する必要があります。

(変化の割合)=(yの増加量)/(xの増加量)

でしたので,xの増加量と,yの増加量を求め,それを上記の式に代入することを考えていきましょう。

まずxの増加量を求めましょう。xがaからa+2まで増加するとき,xの増加量は,(増加後のxの値)-(増加前のxの値)で求められますので,

(a+2)-a=2

となります。同様に,xがaからa+2まで増加したときのyの値を,それぞれaを使って表しましょう。

x=aのとき,②にx=aを代入して

y=a2

x=a+2のとき,②にx=a+2を代入して

y=(a+2)2=a2+4a+4

関数②で,x=aからx=a+2まで増加したとき,yの増加量は,(x=a+2のときのyの値) – (x=aのときのyの値)で計算します。

(yの増加量) = a2+4a+4 – a2 = 4a+4

したがって,②のx=aからx=a+2まで増加したときの変化の割合は

(変化の割合) = (yの増加量)/(xの増加量)=(4a+4)/2=2a+2

これで②の変化の割合をaを使って表すことができました。①の変化の割合は-2だったので,

2a+2=-2
2a=-4
a=-2

となり,aの値が求められます。【答案】では変化の割合の公式を使った,計算が比較的楽に済む方法を紹介します。「変化の割合の公式」のページも参照ください。

答案

②の変化の割合は

1{a+(a+2)}=2a+2

これが①の変化の割合-2と等しいので

2a+2=-2
2a=-4
a=-2

(答え)a=-2

関連記事

計算

素因数分解・素数とは

例題 次の数を素因数分解しなさい。 (1)14 (2)18 (3)96 (4)250

記事を読む

2次方程式の解き方(平方完成)

例題 以下の2次方程式を解きなさい。 (1)x2-2x-1=0 (2)x2-3x+1=0

記事を読む

有機物と無機物

有機物(ゆうきぶつ)とは,炭素を含む化合物で、炭素(原子)を含み,燃やすと水と二酸化炭素ができるもの

記事を読む

no image

中世ヨーロッパの出来事

中学社会の教科書で取り上げられている中世ヨーロッパの出来事をまとめてみました。 (1)十字軍(11

記事を読む

三角形の相似の証明(平行線の錯角)

例題 下の図①で,l//mのとき,△OABと△ODCが相似であることを証明しなさい。 三

記事を読む

how to ~「~の仕方」 疑問詞 – to不定詞

例文 You can play the guitar.(あなたはギターを弾けます) Pl

記事を読む

後置修飾(現在分詞)○○している~~

例文 The boy is my brother. (その男の子は私の兄/弟です) Th

記事を読む

対称式の因数分解(数学Ⅰ)

例題 次の式を因数分解せよ. ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+2abc 対

記事を読む

相似な図形(三角形の相似条件・相似比)

例題 以下の(1),(2)に答えなさい。 (1)以下の①~③の図の中で,相似な三角形の組を見

記事を読む

1次関数(グラフから直線の式を求める)

例題 下の図で,(1)青色で表される直線と,(2)赤色で表される直線の式を求めなさい。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑