*

2014年センター試験数学1A解説・考え方 第2問(2次関数)

公開日: : 数学, 高校

2014年センター試験・数学1Aの第2問は2次関数の問題。例年,配点は25点を占めていますが,2015年の新課程で「データの分析」が絡んでくると,若干配点が落ちるのではないかという見方もあります。

2014年度は難易度的には簡単な方で,計算量や問題数も標準的なものでしたので,是非得点源にしたいところです。同時に,[ノ],[ハ]などに当てはめる不等号ミスなど,細かいミスによる失点を抑えることも念頭に置いていきましょう。

スポンサードリンク

[ア]~[オ]についてはまず,①を平方完成しましょう。

x2+2ax+a2+2a2-6a-36
(x+a)2+2a2-6a-36

ここから頂点のx座標・y座標が出ますので,サクッと片付けておきたいところです。

(1)

pはGとy軸との交点の座標です。中学校の復習(y軸・x軸との交点の求め方)ですが,「y軸」と来れば「x=0」を代入し,さらにそのy座標が-27ですので,

-27=(①にx=0を代入した値)

となり,aの2次方程式ができます。それを解くと[カ],[キク]が出ますが,解答欄の形からどちらが[カ]でどちらが[キク]か間違えないようにしましょう。([カ]が3で[キク]が-1)

あとは,a=3のとき,[ア]~[オ]で出した頂点の座標に代入します。そこで得られた座標と,さらに,a=-1のときに出した頂点の座標とを比較し,どれだけ増加しているかを引き算で出せばOKです。

(2)

②の不等式を導くのに,判別式Dを用いても良いのですが,前問でせっかく平方完成したならば,それを使っても良いでしょう。Gは上に開いている放物線ですので,

(Gの頂点のy座標)≦0

となれば良く,そこからaの2次不等式②を導きます([サ]~[ソ])。

この範囲内で,pを求めるために再び①の式にx=0を代入します。すると,限られたaの範囲内での2次関数の最大・最小問題になりますので,aで平方完成して,最大・最小を求めていきます([タ]~[ニ])。

[ヌ]~[ヘ]までは,条件をしっかり押さえていきましょう。①の式をy=f(x)とすると

  • Gがx軸と共有点を持つ → aが②の範囲内
  • そのすべての共有点のx座標が-1より大きい → 軸(-a)>-1 かつ f(-1)>0

これらを連立させて解いた結果で一気に出てきます。解いてみた生徒の中には「-1より大きくなる」を「-1以上」と読み違えてf(-1)≧0として計算したため,[ハ]の不等号が合わず満点を逃した方がいました。ご注意を!

関連記事

1次関数の変域の求め方

例題 1次関数 y=2x-3において,xの変域を-1≦x≦4とするとき,yの変域を求めなさい。

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第2問[1]三角比

第1問をサクッと攻略したところで、第2問に入りましょう。第2問はが三角比,[2][3]がデータの分析

記事を読む

2次方程式(aとbの値を求める)

例題 2次方程式 x2 + ax + b =0 の解がx=3,-5のとき,a,bの値を求めなさい。

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第4問 整数の性質

2016年センター数学ⅠAの選択問題、第3問は確率で、第4問は整数からの出題です。2015年から登場

記事を読む

連立方程式の文章題(一の位と十の位・応用編)

例題 2桁の自然数があり,この自然数の十の位を3倍した数と一の位の数の和は20である。また,この自

記事を読む

2桁の掛け算(2乗-2乗)

例題 次の(1)~(5)をくふうして計算しなさい。 (1) 51 × 49 (2) 42 × 58

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第2問C 応答分岐

2016年のセンター試験英語、第2問Bに続き、第2問Cは答えが分岐していき、一番正しいものを選ぶ問題

記事を読む

2016年センター試験 数学1・Aの考え方 第2問[3]データの分析(3)

第2問の(3)はデータの分析の計算問題です。平均・分散・標準偏差・共分散・相関係数についての問題です

記事を読む

計算

平方根の近似値の求め方

例題 \sqrt{2}=1.414[/math]として,以下の値を求めなさい。 (1)\sq

記事を読む

2014年センター試験(追試験)数学1A解説・考え方 第4問(確率)(1)

2014年センター試験・数学1Aの追試験。第4問は確率からの出題です。2015年度から,確率が選択問

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

come up with ~(~を思いつく)

例文 Don't wait until you're in a cr

A as well as B (BだけでなくAも)

例文 We need experience as well as k

→もっと見る

PAGE TOP ↑