*

三角関数 2倍角の公式(数学Ⅱ)

公開日: : 数学, 高校 ,

例題

三角関数の加法定理を利用すると,

\sin 2\theta=\fbox{A}\sin \theta \cos \theta
\cos 2\theta=\fbox{B}\cos^{2} \theta - \fbox{C}
\cos 2\theta=\fbox{D}-\fbox{E}\sin^{2} \theta

が導ける.上記より,sinθ=\frac{1}{3}のとき,cos2θ=\frac{\fbox{F}}{\fbox{G}}である.(空欄A~Gにそれぞれ1から9までの1桁の数字をうめてください)

三角関数の加法定理

スポンサードリンク
まず,加法定理を覚えていない人は,復習しましょう。sin75°の練習問題などもやってみてくださいね。

  • sin(α+β)=sinαcosβ+cosαsinβ ・・・①
  • sin(α-β)=sinαcosβ-cosαsinβ ・・・②
  • cos(α+β)=cosαcosβ-sinαsinβ ・・・③
  • cos(α-β)=cosαcosβ+sinαsinβ ・・・④

解説・解法・答え

「で,加法定理を使ってどうやって2θを出すの?」と思った方。上の①式に,α=θ,β=θを代入してあげてください。

sin(θ+θ)=sinθcosθ+cosθsinθ

左辺のカッコの中はθ+θで2θになりますし,sinθcosθとcosθsinθは同じモノですので

\sin 2\theta=\fbox{2}\sin \theta \cos \theta・・・[A]

となります。では同じように,③式に,α=θ,β=θを代入してみると・・・

cos(θ+θ)=cosθcosθ-sinθsinθ
cos2θ=cos2θ-sin2θ・・・⑤

 という式が得られます。ただ,解答欄の[B],[C]はcosだけの式になっていますし,[D],[E]はsinだけの式になっています。どうするか・・。そこで思い出しましょう。

sin2θ+cos2θ=1・・・⑥

でしたね。sinθ,cosθそれぞれの2乗の和は1になります。⑥のcos2θを右辺に移項して,sin2θ=1-cos2θですので,これを⑤の式に入れてあげると

cos2θ=cos2θ-(1-cos2θ)
\cos 2\theta=\fbox{2}\cos^{2} \theta - \fbox{1}・・・[B],[C]

となります。同様に,⑥式から,sin2θを右辺に移項してあげれば,cos2θ=1-sin2θです。これを⑤に代入して

cos2θ=(1-sin2θ)-sin2θ
\cos 2\theta=\fbox{1}-\fbox{2}\sin^{2} \theta・・・[D],[E]

で,この式に,sinθ=\frac{1}{3}を代入すれば

\cos 2\theta=1-2\sin^{2} \theta
\cos 2\theta=1-2\cdot (\frac{1}{3})^{2}
\cos 2\theta=1-2\cdot \frac{1}{9}
\cos 2\theta=1-\frac{2}{9}
\cos 2\theta=\frac{\fbox{7}}{\fbox{9}}・・・[F],[G]

2倍角の公式

[A]~[E]を「2倍角の公式」と言います。結構重宝しますので,ここでおさらいしておきましょう。

  • sin2θ=sinθcosθ+cosθsinθ
  • cos2θ=cos2θ-sin2θ=2cos2θ-1=1-2sin2θ

関連記事

平方根の大小比較

例題 以下の3つの数の大小を,不等号を用いて表しなさい。 (1) \sqrt{2}[/mat

記事を読む

ルート(根号)を含む式の加減

例題 以下の式を計算しなさい。 (1)\sqrt{5}+3 \sqrt{2} - 4\sqr

記事を読む

根号を含む式の値

例題 x=\sqrt{3}+\sqrt{2},y=\sqrt{3}-\sqrt{2}[/math]

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[1]1次関数

2015年のセンター試験、数学Ⅰ・Aの第1問は2次関数だったので、2016年も引き続き2次関数が出る

記事を読む

三角形の合同条件(1組の辺が等しいときの残りの条件)

例題 下図の△ABCと△DEFで,AB=DEのとき,他にどのような条件を付け加えると△ABC≡△D

記事を読む

1次関数の求め方(傾きor切片が分かっている場合)

例題 次の(1)~(3)を満たす1次関数をそれぞれ求めなさい。 (1)傾きが-1で切片が4の1次

記事を読む

1次関数(交点の座標の求め方)

例題 次の式で表される2つの直線について,交点の座標を求めなさい。 (1) y=-x+4 と y

記事を読む

ルート(根号)を含む式の乗除(2)根号の中は小さい数に

例題 次の計算をしなさい。ただし,根号の中はできるだけ小さい数にしなさい。 (1)\sqrt{6

記事を読む

2次方程式の解き方(平方完成の仕方)

例題 以下の式のa,bにあてはまる数を書きなさい。 (1) x2+4x+a=(x+b)2 (2

記事を読む

数字

多項式の乗法公式

例題 次の計算をしなさい。 (1)(x+1)(x-3) (2)(x+5)2 (3)(x-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑