*

余弦定理の基本

公開日: : 最終更新日:2014/11/25 数学, 高校 ,

例題

AB=2,AC=3,∠A=60°の△ABCに余弦定理を適用すると,

BC=\sqrt{\fbox{(1)}}

である。(空欄(1)を1~9の1桁の整数でうめてください。)

余弦定理

 

sankaku図のような△ABCで,BC=a,CA=b,AB=cとすると,以下が成り立ちます。(BC=aのように,大文字の頂点と向かい合っている辺を小文字に置き換えることはザラにありますので覚えておきましょう)

  • a2=b2+c2-2abcosA
  • b2=c2+a2-2abcosB
  • c2=a2+b2-2abcosC

これを余弦定理と言います。1つの角(のcos)と,その角を挟む辺の長さが分かっていれば,非常に役立ちます。

解説・解法

BC=aとおくと,AB=2,AC=3,∠A=60°から\cos A=\frac{1}{2},余弦定理を適用すると

a^{2}=2^{2}+3^{2}-2\cdot2\cdot3\cdot\frac{1}{2}
a2 = 4 + 9 -6
a2 = 7
a=\pm\sqrt{7}

a>0より,a=\sqrt{\fbox{7}}・・・(1)

答え

(1) 7

余弦定理はセンター試験の頭でよく聞かれる

2014年までの傾向ですが,センター試験の三角比の問題の最初には,ほとんど必ずと言っていいほど余弦定理を使った問題が出てきます(例外もありますが)。パッと調べたところ

  • 2014年数学1A第3問[ア] 3点
  • 2012年数学1A第3問[ア][イ] 3点
  • 2011年数学1A第3問[ア]~[ク] 11点
  • 2009年数学1A第3問[ア]~[ウ] 3点

など。取っ付きの問題だけでこれで,途中にもう一度余弦定理を使って解く問題もあり,それを含めるとかなり点数を稼げます(というよりは使わないと辺の長さが解らず誘導に乗れません)。特に2011年は余弦定理のオンパレードで,計算がスムーズに進めばサクッと得点出来たでしょう。三角比を習う上で切っても切り離せないものですね。

関連記事

計算

因数分解(乗法公式の逆を使う)

例題 次の式を因数分解しなさい。 (1)x2-1 (2)x2+6x+9 (3)2x2-20x

記事を読む

2次方程式の解の公式を使った解き方

例題 以下の2次方程式を解きなさい。 (1)x2+4x+1=0 (2)2x2-3x-3=0

記事を読む

数字

「連続する奇数の平方の差は8の倍数」の証明

例題 連続した2つの奇数を平方した差は8の倍数になる。このことを証明しなさい。 例

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第3問A 会話文

2016年のセンター試験英語、第2問Cの分岐問題をどうにか解いたとこで、第3問Aは会話文です。201

記事を読む

多項式の乗法(展開)

例題 次の式を展開しなさい。 (1)(a+b)(c+d) (2)(2a-3b)(a+4b)

記事を読む

連立方程式文章題(一の位と十の位)

例題 2けたの自然数があり,その十の位の数と一の位の数の和は12です。また,この自然数の十の位と一

記事を読む

2乗に比例する関数 変化の割合からaの値を求める

例題 2つの関数 y=-2x+3・・・① y=x2・・・② がある。xの値がaからa+2まで

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第2問C 応答分岐

2016年のセンター試験英語、第2問Bに続き、第2問Cは答えが分岐していき、一番正しいものを選ぶ問題

記事を読む

計算

式による説明(百の位と一の位を入れ替えて99の倍数)

例題 1の位が0でない3けたの自然数がある。この数と,百の位と一の位を入れ替えて出来る数との差は9

記事を読む

対頂角の性質(対頂角は等しい)

例題 以下の(1),(2)の図で,∠x,∠yの大きさをそれぞれ求めなさい。 (1) (2)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年度のマーク模試月別まとめ(センター試験対策)

各予備校から、年間のマーク模試ラインナップが揃ったようなので、自分用メ

2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

→もっと見る

PAGE TOP ↑