英語 高校

have something to do with ~ : ~と(何か)関係がある

投稿日:

例文

Happiness is different from pleasure. Happiness has something to do with struggling and enduring and accomplishing.

George A. Sheehan(1918-1993・アメリカの医師)

have something to do with ~の使い方

“have ○○○ to do with ~”で「~と○○○関係がある」という意味を表しています。

スポンサードリンク

○○○の中にsomethingが入った“have something to do with ~”は「~と(いくらか・何か)関係がある」という意味です。他にも

  • ○○○にa lotが入ると“have a lot to do with ~”は「~と大きな(大いに)関係がある」
  • ○○○にlittleが入ると“have little to do with ~”は「~とほとんど関係がない」(littleは「ほとんど~ない」)
  • ○○○にnothingが入ると“have nothing to do with ~”は「~とは全く関係がない」

なども覚えておきましょう。

例文の重要語

  • happiness:(名詞)幸福、幸せ
  • be different from ~ :~とは異なる
  • pleasure:(名詞)楽しみ、喜び(例文1)
  • struggle:(動詞)もがく
  • endure:(動詞)~を我慢する
  • accomplish:(動詞)成し遂げる、達成する(例文1)

例文の解説

最初の文は“be different from ~”を知っていれば訳せそうですね。happinessとpleasureは違う,ということを言っています。

2文目は“have something to do with ~”が入っていますので、「happiness(幸福)は~と(何か)関係がある」の「~」の部分(幸福と関係しているもの)はstruggling(もがくこと),enduring(耐えること),accomplishing(達成すること)の3つです。3つとも動名詞の形ですね。

日本語訳例

幸福と喜びとは異なっている。幸福はもがき苦しみ、耐え、達成することと何か関係がある。







-英語, 高校
-

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.