入試分析 英語 高校

センター試験英語攻略・2015年追試第6問(5) 問2の解説

投稿日:

問題を解く前に、パラグラフ全体で言っていることを考えてみましょう。第1文~第2文の流れは「○○○だ。だが☓☓☓~」という感じです。こういう場合、筆者が力説したいのはどちらでしょうか?第2文の「だが☓☓☓」ではないでしょうか。

(あなたの言うことはよく分かる。だけどね、私はこう思う、という場合「私はこう思う」の部分が重要だと思いませんか?)

ということで、第2文の

「hindsight biasは負の側面を持っている」・・・☆

☆マークつけておきました。これも念頭に、各選択肢を読み進めていきましょう。

各選択肢の単語と意味と検討

選択肢1

  • make sure of ~:~を確かめる、確信させる

→hindsight biasは私たちの能力を確信させすぎる(過信させる)。

第3パラグラフの第3文、「自信過剰にさせてしまうことがある」と書かれており、その文からパラグラフの最後まで、このことを補足するような説明が続いています。☆マークの言っている「負の側面」とも取れます。特にこの選択肢が☓だという根拠が見当たりません。そういうときは保留にしておきましょう。

スポンサードリンク

選択肢2

  • people with ~:~を持っている人々
  • careful:(形容詞)注意深い
  • decision:(名詞)決定
  • make a decision:決定する

→hindsight biasを持つ人々は、注意深い決定をする人たちである。

注意深い決定・・・。第3パラグラフの最終文(第6文)に、投資をするときなどに「不注意になるかもしれない」と書かれています。☆マークをつけた「負の側面」というよりはむしろプラスの側面でしょう。本文とは逆のことを言っているので×でしょうね。

選択肢3

  • predict:(他動詞)~を予測する
  • only a few ~:ほんのわずかな~
  • skill:(名詞)技能、スキル
  • develop:(他動詞)~を発達させる、成長させる

→未来を予測することは、ほんのわずかな人だけしか発達させられないスキルである。

これ、本文に書いてないんですよねえ・・・。書いてないので×!!と、言うだけなら誰でもできますが、ないことを確認するためには、本文を2度見3度見しなければいけません。何度も見るのはさすがに時間が限られているセンター試験では致命的。そういう際には、選択肢で言っていることがパラグラフで述べられている中心部と意味が重なっているか、逆か、ずれているかを考えます。

選択肢3は、「ほんのわずかな人しか発達しないスキル」と言ってますが、これって☆で述べているhindsight biasの負の側面か?と言われると、どうもずれています。言いたいことがあさっての方向を向いているというか・・。

選択肢4

  • need to:~する必要がある
  • confidence:(名詞)自信
  • company:(名詞)会社、仲間

→会社に投資するときは、自信を持つ必要がある。

第6文で、投資する時は「不注意になるかもしれない」であって、自信について述べているのは「自信過剰になる」ということでした。気をつけろ!的な言い回しだったらOKかもしれないのでしょうが・・・。あと、☆マークをつけた部分ともずれていますよね。負の側面について・・なのか?

ということで2・3・4は消え、正解は1となります。消去法でサクッと消えそうです。







-入試分析, 英語, 高校

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.