*

センター試験英語攻略・2015年追試第6問(8) 第5パラグラフ

公開日: : 入試分析, 英語, 高校

前回までの解説で、パラグラフ(4)問3の問題の考え方までは意味をしっかり把握できましたか?

「単語があまり分からん」・・・という方、少なくともこの長文で解説を入れた単語だけはしっかり把握しておきましょう。過去何度も出てますので。

下線部問題の考え方

さて、次に移りたいと思います・・この解説中何度も触れてきましたが、「問題を読んでからパラグラフに戻る」方が二度読み防止になるよ、ということで先に問4を読んでおきましょう。

問題を見ると、どうもパラグラフ(5)の中に下線部が引っ張ってあって、それが普通の単語帳に載っていない単語なので、本文中から意味を推測しなさい、ってタイプのやつです。まあ空気読んで答えろよってことですかね。

パラグラフ(5)の重要単語と大雑把な意味

第1文(Another kind of…avoid it)

  • kind of ~ ~の種類/一種
  • emerge:(自動詞)現れる
  • look back:振り返る
  • outcome:(名詞)結果
  • inevitable:(形容詞)避けられない
  • avoid:(他動詞)避ける・回避する

Another … bias(もう1種のhindsight bias)が主語で動詞がemerges(現れる)、whenから後が「~のときに」と言っています。when ~ が「~のとき」と言っているパターンですね。

→結果を振り返って「それは避けられなかったんだ。回避する方法がなかったんだ」と言うときに、別の種類のhindsight biasが現れる。

スポンサードリンク

第2文(This may be… terrorist attack)

  • sensible:(形容詞)分別のある・理にかなった
  • reaction:(名詞)反応
  • natural:(形容詞)自然の
  • disaster:(名詞)災害

→これは自然災害や、突然のテロ攻撃など、コントロールできない出来事に対する、理にかなった反応かもしれない。

第3文(But imagine…we even started!”)

  • competition:(名詞)競争・試合
  • matter:(動詞)問題になる、重要である
  • judge:(名詞)審判、裁判官
  • make up one’s mind:決心する、思い込む

… team that has lost..のthatは関係代名詞のthatでしょう。「負けてしまったチーム」。あと、”,saying, ~”は「~と言って/~と言いながら」という感じの分詞構文でしょうね。

→しかし、「パフォーマンスは問題なかった。審判が始まる前からもう決め込んでいたんだ!」と言って、重大な大会に負けてしまった高校のダンスチームを想像してみよう。

第4文~第5文(This might ~ potential factors)

  • neglect:(他動詞)~を無視する
  • consider:(他動詞)~を(よく)考える
  • potential:(形容詞)可能性がある、潜在的な

これは悪い推測ではないかもしれない。しかし彼らは、他の潜在的な要因を無視している。

第6文(If this … as well)

  • routine:(名詞)慣例、日課
  • keep A from doing:Aに~させない(しないようにする)

もしこのmyopiaがそのチームにダンスの日課を改善する方向に目を向けさせなければ、次の大会も同様に負けてしまいそうだ。

ということで、今回はこのmyopiaがどんな意味かを聞いているのが問4だということになります。なんとなく、myopiaがポジティブな意味か、ネガティブな意味か、ぐらいは見分けが付いていた方が、格段に問題が解きやすくなると思いますよ。

まとめ

「下線部の意味問題」が出てきたときは、読んでる最中に大雑把な意味を把握しときたいもんです。少なくともポジティブ(肯定的)か、ネガティブ(否定的)か、それともニュートラル(中立的)か、ぐらいは・・・。

問題は次回やりましょう。

関連記事

2016年センター試験 数学1・A解説 第3問 確率

2016年のセンター試験数学1Aは、第1問・第2問が必須問題で、第3問~第5問が選択問題です。第3問

記事を読む

end up doing[(結局)~することになる/~することに終わる]

例文 An eye for an eye only ends up making the whol

記事を読む

That being the case, ~ の意味・例文・用法

That being the case, ~の意味 "That being the case,~"

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第3問A 会話文

2016年のセンター試験英語、第2問Cの分岐問題をどうにか解いたとこで、第3問Aは会話文です。201

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[3]2次不等式

2014年までは、センター数1Aの第1問は2つに分かれていました。2015年は2次関数の1つだけ。2

記事を読む

分母の有理化(数学1・中学発展)

例題 \frac{\sqrt{3}+\sqrt{2}}{\sqrt{3}-\sqrt{2}}[/m

記事を読む

buy 人 物 = buy 物 for 人 (人に物を買う)

例文 He bought a book.(彼は本を買いました) He bought me

記事を読む

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら、というアドバイスを何かの形で

記事を読む

stop doing(動名詞) とstop to do(to不定詞)の違い

例文 I stopped to think about the problem.(私はその問

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第3問B 不要文削除 問3

2016年センター試験英語、第3問B(不要文選択)の問1・問2からの続きです。前の問題から続けて見て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑