*

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[2]集合と論理

公開日: : 最終更新日:2016/02/19 入試分析, 数学, 高校 , , ,

第1問の[1]で1次関数が出てきて「こんなのでいいのかなぁ、いつもより簡単かも・・・」と思わせといて、[2]はお決まりの「集合と論理」の問題。

(1)から見てみましょう。選択肢に

∈ ∋ ⊂ ⊃

この4つが出てきて、「えっ」となったんではないでしょうか。

「⊂と∈の違いが分からない・・・(・∈・)」

もしそうなっても、問題の(i)と(ii)を見比べてみると何かが違うことに気がつければ、それがヒントになるかもしれません。

スポンサードリンク

(1)の考え方(論理記号の使い方)

(i) A  サ  {0}
(ii) \sqrt{28}  シ  B

(i)の0には{ }(括弧)が付いてて、(ii)の\sqrt{28}には{ }がついていない。確か集合の書き方は{ }に書き並べていくんじゃなかったかな。だったら{0}は0って数が入った集合じゃないのかな。

だから、{0}はAに含まれる・・含まれるって記号が確か⊂と⊃だったよな、ってことは、サに入るのはは⊃か!・・・と推定できればおめでとうございます。

そうなると、なんとなくで、シは{}がついてないただの\sqrt{28}って数だから「⊂」「⊃」以外のモノで選んどけ・・∈か!

・・みたいな推測ができれば、もし万が一ど忘れしてもいけるんですが・・・いかがでしょうか。

ちなみに「∈」「∋」は「属する」記号で、要素(今回の場合は\sqrt{28}みたいな数)がその集合の中に、文字通り「属している」記号です。

(iii)のA={0}  ス  Aの中には「または(∪)」を入れればスッキリするでしょうし、
(iv)のΦ=A  セ  Bの中には「かつ(∩)」を入れれば、「有理数かつ無理数」で「空集合」になるでしょう。

(2)の考え方(必要条件・十分条件・必要十分条件)

p:xは無理数
q:x+\sqrt{28}は有理数
r:\sqrt{28}xは有理数

pはqであるための…と出てきたら,①p→q(十分条件)と②q→p(必要条件)のそれぞれを調べましょう。まず,①の十分条件から。

たとえば、pの「xが無理数」なら,具体的にx=\sqrt{2}などを入れてみて,qに当てはめてみます。

x+\sqrt{28}=\sqrt{2}+\sqrt{28}

これって無理数じゃないですか?てことで,p→qは違いそう。じゃあ逆にq→pのときどうでしょう。x+\sqrt{28}は有理数になるときといえばおそらく0になるときでしょう。つまりx=-\sqrt{28}

これって無理数ですので,q→pは成り立ちます。てことは、p←q(必要条件)はOKです。ということで、空欄 ソ には「必要条件だが十分条件でない」が入るでしょう。

rの条件を見てみましょう。「\sqrt{28}xは有理数」ということは、①「x=0」または②「x=\sqrt{7}p(pは有理数)」のどちらか。

①のとき、②のとき両方揃ってp→rが成り立てば「pはrであるための十分条件」,p←rが成り立てば「pはrであるための必要条件」・・・ということになりますが、

p→rを見てみると,xが有理数のとき、①(x=0)が成り立ちません。十分条件じゃあないですね。

p←rを見てみると,①「x=0」または②「x=\sqrt{7}p(pは有理数)」とのことですが、①のときはxが有理数になり、p←rも成り立たないということになるでしょう。

ということは、空欄 タ には「必要条件でも十分条件でもない」が入りますね。

まとめ

(2)は毎年のパターンなので(しかも例年よりも簡単?)サクッと解いておきたいのですが・・・

(1)は知識問題のような気もしますし、英語で言えば第2問の文法と同じで、「あまり悩まない、さっさと埋めて次に行く」が重要になってくるんじゃないでしょうかね。

2016年センター試験解説

関連記事

平方根の近似値

例題 電卓を使わずに,\sqrt{2}[/math]の近似値を,小数第2位を四捨五入して小数第1位

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第1問 発音・アクセント

発音記号はもしかすると機種依存文字が入ってしまってるかもしれません。見れない方がいたら、辞書で調べて

記事を読む

対称式の因数分解(数学Ⅰ)

例題 次の式を因数分解せよ. ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+2abc 対

記事を読む

関数y=ax2乗で変域からaの値を求める

例題 関数y=ax2について,xの変域が-2≦x≦4のとき,yの変域は0≦y≦8である。このとき,

記事を読む

1次関数(グラフから直線の式を求める)

例題 下の図で,(1)青色で表される直線と,(2)赤色で表される直線の式を求めなさい。

記事を読む

連立方程式の文章題(人数の増減・割合)

例題 ある小学校の昨年の入学者数は,男女合わせて155人でした。今年の入学者数は昨年と比べて,男子

記事を読む

文字式による説明(十の位と一の位の数の計算)

例題 2桁の自然数と,その数の十の位の数と一の位の数を入れ替えた数との和は11の倍数になります。そ

記事を読む

文字式による説明(3の倍数の見分け方の証明)

例題 3けたの自然数Aがあり,その百の位,十の位,一の位の和が3の倍数ならば,Aは3の倍数である。

記事を読む

三角関数 2倍角の公式(数学Ⅱ)

例題 三角関数の加法定理を利用すると, \sin 2\theta=\fbox{A}\sin \t

記事を読む

文字式の利用(面積を求める問題)

例題 下図の長方形ABCDについて,点Pは辺CDの中点で,点Qは辺BCを3等分する点のうち,Cに近

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑