入試分析 数学 高校

2016年センター試験 数学1・A解説 第2問[2]データの分析

更新日:

第1問の3つと、第2問の[1]まで行ったところで、第2問の[2][3]は連続して「データの分析」が出題されています。[2]では、4つの散布図を読み取って、正しい記述を選ぶという、どちらかと言えば読解要素の強い問題になっています。

英語や国語のように、選択肢ごとに「アラ探し」をして、消去法で1つ1つ選択肢を消して、残ったものを選んでいく方法が有効かもしれませんね。各選択肢ごとに見ていきましょう。

選択肢0

4種類の散布図それぞれ「○○○と購入額」となっていますので、選択肢に書かれていることから読み取る図を変えていけば良いでしょうね。この選択肢の場合、「平均最高気温と購入額」を見れば良いと思います。

「平均最高気温と購入額」の散布図を見る限り、平均最高気温が高くなるほど購入額が高くなっていることは読み取れますね。ということは一応「正しい」と○を付けて保留にしておきましょう。

選択肢1

見る図は「平均降水量と購入額」ですね。見てみると、たとえば「0~5mm」と「5~10mm」の間で比較してみても、購入額に大した差があるとは思えません。これは怪しいということで×をつけておきましょう。

選択肢2

見るべき図は「平均湿度と購入額」。これは明らかに平均湿度が高くなると、購入額が大きく散らばっているでしょうね。×を付けておきましょう。

選択肢3

見る図は「25℃以上の日数の割合と購入額」。80%未満の月を見てみると、30円を超えている点は・・・ないですね(輪郭に引っかかっているものはありますが)。これは○と言えるでしょう。

選択肢4

この場合、見るべき図は全部ということになるでしょうね。「平均湿度と購入額」のグラフは確かに平均湿度が上がれば上がるほど購入額も高くなっているようなので、合っているにしても、「平均最高気温と購入額」の図も、「25℃以上の日数の割合と購入額」の図も、正の相関関係があるのでは?と考え×にしてしまいましょう。

「・・・のみ」と出た場合は要注意ですね。英語の消去法でもありますよね。onlyと書いてある場合、本当にonlyなの?と疑ってかかること、と。

まとめ

読み取っていけば分かる、そんな難しくない問題なので、サクッと終わらせたいところです。配点も2つ合って3点しかないので、時間はかけてられない・・・ということになりそうですね。

2016年センター試験解説







-入試分析, 数学, 高校
-, ,

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.