*

2016年センター試験 数学1・Aの考え方 第2問[3]データの分析(3)

公開日: : 最終更新日:2016/02/19 入試分析, 数学, 高校 , , ,

第2問[3]の(3)はデータの分析の計算問題です。平均・分散・標準偏差・共分散・相関係数についての問題ですが、詳しい解説は他のサイトで掲載されているのでそちらにお任せして(無責任?!)、実際に私が解いたやり方でやってみたいと思います。(ただし、これが数学的に正しいかと言えば微妙(というか邪道?)と言わざるを得ませんが・・)。危うい点が多々あるので「解説」とせずに「考え方」として載せるに留めたいと思います。

ツの場合は分散、テの場合は共分散、トの場合は相関係数について、それぞれの「比」を求める・・・となっています。特に詳細なデータも与えられていない((2)で一応の散布図はあるにしても)上で比を求める、ということは何かデータを「仮定」して出せば比が出るのではないか・・と考えてみました。

スポンサードリンク

ツ(分散の比)

分散を求めるには2種類以上のデータが必要なので、N市の摂氏での気温を、データ1では0度、データ2では10度と仮定しました。

N市 データ1(0℃と仮定) データ2(10℃と仮定)
N市の温度(摂氏) 0 10
②の合計 10
③の平均(②÷2) 5
偏差(③-①) -5 5
④の2乗 25 25
⑤の合計 50
分散(⑥÷2) 25

この場合でのXは25になりますね。

一方、華氏の温度は摂氏の温度を\frac{9}{5}倍(1.8倍)して32を足したものなので、

  • データ1の場合、0℃=0×1.8+32=32°F
  • データ2の場合、10℃=10×1.8+32=50°F

これをもとに、N市の華氏での温度の表を作り変えます。

N市 データ1(0℃と仮定) データ2(10℃と仮定)
N市の温度(華氏) 32 50
⑧の合計 82
⑨の平均(②÷2) 41
偏差(⑨-⑦) -9 9
⑪の2乗 81 81
⑫の合計 162
分散(⑬÷2) 81

この場合でのYは81になります。これらから

\frac{Y}{X} = \frac{\fbox{81}}{\fbox{25}}・・・ ツ

テ(共分散の比)

共分散を求めるためには東京の気温も必要なので、東京の気温も○度・・・と仮定しておきましょう(本当は散布図上に対応してプロットされている点が良いでしょう)。データ1に対応する東京の温度を1℃、データ2は3℃としておきます。

東京 データ1(1℃と仮定) データ2(3℃と仮定)
(A) 東京の温度(摂氏) 1 3
(B) ⑧の合計 4
(C) ⑨の平均(②÷2) 2
(D) 偏差(⑨-⑦) -1 1
(E) ⑪の2乗 1 1
(F) ⑫の合計 2
(G) 分散(⑬÷2) 1

共分散は偏差の積を足していってデータの個数で割ったものなので、データ1、データ2について、N市(摂氏)―東京(摂氏)の共分散は④×(D)÷2より

{(-5)×(-1)+5×1}÷2=5

これがこの場合のZになり、N市(華氏)―東京(摂氏)の共分散は、⑪×(D)÷2より

{(-9)×(-1)+9×1}÷2=9

これがWとなります。これらから

\frac{W}{Z} = \frac{\fbox{9}}{\fbox{5}}・・・ ツ

ト(相関係数の比)

相関係数は共分散÷標準偏差の積で求められますので、(共分散は出していますから)標準偏差を出しましょう。

東京の標準偏差は(G)のルートを取って1、N市(摂氏)の標準偏差は⑦のルートを取って5、共分散はZで求めた5より、相関係数は

5÷5=1

となります。これがこの場合のVの値です。一方、N市(華氏)の標準偏差は⑭のルートを取って9、共分散はWで求めた9なので、相関係数は

9÷9=1

これがこの場合のUの値となり、求める値は

\frac{V}{U}=\fbox{1} ・・・ テ

という感じで求めました。このケースだからこの仮定が使えたのですが全てには当てはまりません。悪しからず・・・。

2016年センター試験解説

関連記事

多角形の外角の和

例題 (1)次の図形の外角の和をそれぞれ求めなさい。 ①三角形 ②五角形 (2)nを整数とすると

記事を読む

連立方程式文章題(代金の問題)

例題 52円切手と82円切手を合わせて20枚買い,代金は1490円でした。52円切手と82円切手を

記事を読む

計算

文字について解く

例題 等式 l=2(a+b) をaについて解きなさい。 何の式? 長方形の周の長さをlとして,

記事を読む

1次関数(x軸上で交わる)

例題 2つの直線 2x+y=4・・・① と ax-y=2・・・② がある。 直線①と直線②が

記事を読む

sinθ+cosθの値からsinθcosθを求める 三角関数(数2)・三角比(数1)

例題 sinθ+cosθ=\frac{1}{3}[/math]のとき, sinθcosθ=-\f

記事を読む

平方根(ルート)の中に入ったnの個数を求める

例題 nを自然数として,以下の(1),(2)に答えなさい。 (1)2 < \sqrt{n}[

記事を読む

根号を含む式の値

例題 x=\sqrt{3}+\sqrt{2},y=\sqrt{3}-\sqrt{2}[/math]

記事を読む

「十の位が等しく一の位の和が10」(十等一和)の数の計算

例題 次の(1)~(4)の計算をしなさい。 (1)63×67 (2)48×42 (3)74×

記事を読む

対称式の因数分解(数学Ⅰ)

例題 次の式を因数分解せよ. ab(a+b)+bc(b+c)+ca(c+a)+2abc 対

記事を読む

連立方程式文章題(食塩水の濃度)の解き方

例題 7%の食塩水と13%の食塩水を混ぜて11%の食塩水を300g作りたい。このとき,7%の食塩水

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017年度のマーク模試月別まとめ(センター試験対策)

各予備校から、年間のマーク模試ラインナップが揃ったようなので、自分用メ

2017センター試験英語解説 第2問B(find/suggest/how come)

Aパートに引き続き、2017年センター試験英語、第2問Bの解説です。第

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

→もっと見る

PAGE TOP ↑