*

2016年センター試験 数学1・A解説 第4問 整数の性質

公開日: : 最終更新日:2016/02/19 入試分析, 数学, 高校 , , ,

2016年センター数学ⅠAの選択問題、第3問は確率で、第4問は整数からの出題です。2015年から登場したこの分野で、トレーニングを積める過去問が2015年の本試験・追試験ぐらいしかないのですが、前半の(1)は2015年に出てきた「(ユークリッドの互除法を使って)不定方程式の整数解を求めていく」問題がそのまま出されています。ラッキー。

後半の(2)は記数法(n進法)からの出題で、初めて出たパターンでしたが、難易度はそこまで高くなく、これも当たりの選択問題だったのではないかと思います。

(1)不定方程式の整数解

このパターンは2015年の本試験・追試験とも出ており、もはやお決まりになってきています。

92x+197y=1 ・・・①

①の197と92を,ユークリッドの互除法を使って、「1=92×○+197×△」の形に持っていきましょう。

197=92×2+13 より 13=197-92×2 ・・・②
92=13×7+1 より 1=92-13×7 ・・・③

②,③より

1=92-(197-92×2)×7
1=92×15+197×(-7)
92×15+197×(-7)=1 ・・・④

①-④より

92(x-15)+197(y+7)=0

x-15=X,y+7=Yとおけば

92X+197Y=0
92X=-197Y

したがって,nを整数として

X=-197n,Y=92n

ここでXをx-15に,Yをx+7に戻すと

x-15=-197n,Y+7=92n
x=-197n+15,y=92n-7

xの絶対値が最小のものは、パッと見でn=0のときだと分かるでしょう。nに0を代入して

x =  15  ,y =    -7   ・・・ア~エ

ということになります。さらに,92x+197y=10・・・⑤は、④を10倍したものをヒントに使えばいけますので

92×150+197×(-70)=10 ・・・④

kを整数とすれば,先程と同じような手順で

x=-197k+150,y=92k-70

xの絶対値が最小になるのはk=1のときで

x =  -47  ,y =    22  ・・・オ~ケ

(2)n進法

2進法の11011(2)、これをまず10進法に変換していきましょう。右から1,2,4(22),8(22),16(24)なので

11011(2)=1×16+1×8+0×4+1×2+1×1=27(10)

これを4進法に変えます。右から1,4,16(42)なので

27=16×1 余り 11
11=4×2 余り 3

したがって,

11011(2) = 27(10) =   123  (4) ・・・コ~シ

後半の問題は、6進数の小数を10進数に直すと有限小数になるものを選ぶもので、1つ1つ計算して片付けていくのが手っ取り早いのでは、と思います。一番長い桁数で小数第3位までありますので、6進法の小数を0.1(6)、0.01(6)、0.001(6)を予め計算しておきましょう。

0.1(6)\frac{1}{6},0.01(6)\frac{1}{36},0.001(6)\frac{1}{216}

これに、選択肢0~選択肢5を当てはめていきましょう。

選択肢0

0.3(6)\frac{3}{6}=\frac{1}{2}=0.5

となるので有限小数ですね。○。

選択肢1

0.4(6)\frac{4}{6}=\frac{2}{3}=0.66666….

となり、無限小数となります。これは×。

選択肢2

0.33(6)\frac{3}{6}+\frac{3}{36}=\frac{21}{36}=\frac{7}{9}=0.7777….

これも無限小数になるので、×になりますね。

選択肢3

0.43(6)\frac{4}{6}+\frac{3}{36}=\frac{27}{36}=\frac{3}{4}=0.75

止まりましたので、有限小数になり、これは○。

選択肢4

0.033(6)\frac{3}{36}+\frac{3}{216}=\frac{21}{216}=\frac{7}{72}=0.097222….

途中で止まらないので無限小数。これは×です。

選択肢5

0.043(6)\frac{4}{36}+\frac{3}{216}=\frac{27}{216}=\frac{1}{8}=0.125

ということで有限小数となりました。したがって、有限小数で表せる選択肢は

  0・3・5   ・・・ス~ソ

まとめ

整数は選択問題ですが、基本をしっかり押さえていれば「あぁ^~難しすぎて手が止まるんじゃぁ~」なんてことはなかったんじゃないかと思います。確率も基本をおさえておけばスピーディーに解けるので、結果論になりますが選択問題は第3問の確率、第4問の整数が良かったのかな?と思います。

2016年センター試験解説

関連記事

2016年センター試験 英語解説 第1問 発音・アクセント

発音記号はもしかすると機種依存文字が入ってしまってるかもしれません。見れない方がいたら、辞書で調べて

記事を読む

センター試験英語攻略・2015年追試第6問(4) 第3パラグラフ

先の記事(第2パラグラフの読解)の続きから。なので、問2の質問は先に読んでいるものとします。(繰り返

記事を読む

ルート(根号)を含む式の乗除(2)根号の中は小さい数に

例題 次の計算をしなさい。ただし,根号の中はできるだけ小さい数にしなさい。 (1)\sqrt{6

記事を読む

sinθの3倍角の公式 三角関数(数学2)

例題 三角関数の加法定理より,sin3θはsinθを用いて \sin3\theta=-\fbox

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第3問B 不要文削除 問1

センター試験第3問のBは「不要文選択」問題です。1パラグラフの文章に4か所、文単位で下線が引っ張って

記事を読む

関数y=x^2のグラフの性質

例題 関数y=x2のグラフについて,以下の(1),(2)に答えなさい。 (1)以下の文中の{

記事を読む

ルートの中が自然数になるようなnを求める

例題 nを100までの自然数とするとき,\sqrt{40n}[/math]が自然数となるようなnの

記事を読む

連立方程式文章題(代金の問題)

例題 52円切手と82円切手を合わせて20枚買い,代金は1490円でした。52円切手と82円切手を

記事を読む

2次方程式(三角形と動点の文章問題)

例題 下の図で,△ABCはAB=BC=10cm,∠ABC=90°の直角二等辺三角形である。点PはA

記事を読む

ルート(根号)を含む式の乗除

例題 次の計算をしなさい。 (1)\sqrt{3} \times \sqrt{5}[/math]

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑