*

2016年センター試験 英語解説 第2問A 文法・語法(前半)

公開日: : 最終更新日:2016/11/03 入試分析, 英語, 高校 ,

センター試験の英語第2問はA・B・Cと3つの小問構成になっており、2016年現在はAが「文法・語法の4択問題」、Bが「並べ替え問題」、Cが「分岐問題」になっています。

勉強の方法としては、第3問~第6問の読解を先に攻略してから、ネクステージなどの文法問題集で個別に攻略していくのが良いでしょう。なので優先順位としては後回しでもいいのではないかな、と個人的に思います。

もちろん、「英語は型から入らないとなんかしっくり来ない!」という方は2番対策から優先的にやっても良いでしょう。ただ、量が多すぎて長文対策に手が回らないままセンター試験迎えてしまった・・なんてことがないようにしてください。では第2問のA、前半5問に入りましょう。

スポンサードリンク

問1(時制の問題)

私がホームに到着したときには電車は  8  、だから寒い中待つ必要がなかった。

で、選択肢を見てみると、どうもarrive(到着する)が絡んだ構成になっています。時制のことを聞いているのかなと推測できればOKで、ホームに着いたよりも前に電車が着いていた、と考えれば「過去のことよりさらに過去」を表している had p.p.の形が来れば良いということになりますね。答えは1番でしょう。

問2(接続詞と前置詞)

東京は比較的面積が小さい 9  人口は多い。

選択肢のラインナップを見てみれば、「~にもかかわらず」あたりが来るのかな?と連想できればいいのでしょうね。1個ずつ検討していくと・・

  1. although は接続詞で「~にもかかわらず」という意味があります。本文を見てみると、 9  のあとがSV~(主語動詞~)の文の形になっているのでこれは別に切る理由はないでしょう。
  2. but は接続詞で「しかし」という意味がありますが、いきなり「しかし」から始まるというのはいかがなものか。「~を除いて」という意味もありますが、これは前置詞の使い方。だったらSV~の形は来ず名詞が来ることになりますので、どっちにしろ入りませんね。
  3. despite は「~にもかかわらず」の意味はあるのですが、これは前置詞です。 9  の後が名詞だけなら使えましたが、今回は使えません。
  4. howeverもbutと同じく「しかし」という意味はあることはあるのですが、2番のbutと同じく文頭には来ません。

というわけで消去法でもそうでなくても、1番の一択になるでしょうね。

問3(過去分詞の後置修飾)

バイリンガルの両親に 10 子どもたちは2つの言語を自然に話すかもしれない。

この文には(may naturally)learn という動詞があり、原則1つの文に動詞は2個来ないことを考えると3番のhave brought upと4番のwere brought upは速攻消しちゃって良いでしょう。

次に、”bring up”は「育てる」という意味です。中3の英語でやったかもしれませんが、「現在分詞の後置修飾」「過去分詞の後置修飾」を意識すると、1番のbringing upの場合、子どもたちが育てていることになりかねないので無しでしょう。となれば、2番の「育てられた」が一番しっくりくるでしょうね。

問4(neitherと倒置)

私の姉妹は真面目な高校生ではなかった、そして 11 

選択肢を4つを見れば空欄には「私もそうじゃなかった」と入るんじゃないかなと推測できます。話の流れからeitherはないと踏んでneitherの入って言う2か4ということになりますが、neitherから始まっていれば倒置が起こる、と踏んで4番が答えでしょう。

問5(語法・thatの省略)

映画が始まる前に、携帯電話のスイッチを切ったか 12 ください。

選択肢を見てみると、どれも同じようなニュアンスなので、語法の問題でしょうね。これも選択肢を1つずつ見ていってみましょう。

  1. keepは”keep O C”で「OをCの状態にする」あたりの使い方でしょうか。そうするとOは携帯電話として、Cのところにbe動詞が入っており、どうも違和感があります。
  2. make sure (that) ~ は「~ということを確かめる」「確実に~する」という意味で、~の中身もSVの形が来ており、大丈夫そうです。
  3. never failは”never fail to ~”と、to不定詞の形を取るので、toがない時点でアウトでしょうね。
  4. remind は “remind A of B”で「AにBを思い出させる」が基本の使い方で、他にも”remind ○○ that …”の形もありますが、それだと○○に入る人が本文の中入っておらずダメそう。

ということは答えは2番になるのでしょうね。

後半の問6~問10は別記事にて解説を入れたいと思います。

関連記事

センター試験英語攻略・2015年追試第6問(3) 第2パラグラフ

これまでの流れについては、導入部分と問1の解き方の記事で書いた通りなのですが、 問1の質問を読

記事を読む

2016年センター試験 英語解説 第1問 発音・アクセント

発音記号はもしかすると機種依存文字が入ってしまってるかもしれません。見れない方がいたら、辞書で調べて

記事を読む

That being the case, ~ の意味・例文・用法

That being the case, ~の意味 "That being the case,~"

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第5問 平面図形

センター試験数学Ⅰ・数学Aの解説、選択問題の最後は平面図形です。第3問(確率)、第4問(整数)と比較

記事を読む

2014年センター試験英語分析&勉強法

今更感が満載ですが,2014年のセンター試験の英語の傾向をサッと探ってみます。 設問別分析:読解が

記事を読む

rather than の意味・例文・用法

rather thanの意味 rather than ~ で「~よりもむしろ」という意味です。

記事を読む

such as ~ (~などの、~のような)

例文 We need to prepare shelter goods such as potab

記事を読む

分母の有理化(数学1・中学発展)

例題 \frac{\sqrt{3}+\sqrt{2}}{\sqrt{3}-\sqrt{2}}[/m

記事を読む

自然数の集合の個数(数学A)

例題 1から50までの自然数で,次を満たすものの個数を求めよ. (1)5で割って1余る数

記事を読む

have to ~ 「~しなければならない」

例文 I finish my homework.(私は宿題を終わらせます) I have

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

come up with ~(~を思いつく)

例文 Don't wait until you're in a cr

A as well as B (BだけでなくAも)

例文 We need experience as well as k

→もっと見る

PAGE TOP ↑