*

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

公開日: : 入試分析, 英語, 高校 ,

センター英語・第3問Cの傾向

第3問Cは会話要約問題です。2013年までは第3問のBにこの手の問題がありましたが、2014年からは第3問Cになっています。解き方としては小手先のテクニックがあまり通じないので、「素早く、漏れなく読んでいく」ことが当然ながら大事になってきます。

大概は文章の先頭にテーマが書かれています。これは数文字ぐらいなので確実に読んでおきましょう。本文の中で分からない単語に遭遇したときに、「テーマ」の単語じゃないか、と疑ってかかることができる…過去何年か見ていると、それができる可能性があります。第3問Cの場合、「異文化理解」がテーマになっています。きっと本文中にその単語が出て来るのでしょうね。

で、この手の文章はどのように出題されているかというと、大まかに

  • 司会者「今日のテーマは○○○です。○○○について、誰か意見はありますか?」
  • Aさん「私は~~だと思います」
  • 司会者「なるほど、つまりAさんの意見は(  )ということですね」

この会話の中に入る(  )の中身が問われてきます。では2016年の問題で実践してみましょう。端折りながら、大雑把に日本語で意味を取っていきます。

本文の大雑把なあらすじ

教授「宿題は済んでるね、じゃあ今日の異文化コミュニケーションの授業を始めよう。1つ目の質問は『なんで異文化コミュニケーションを学習する必要なんてあるのか』ってことだ」

学生1「自分たちの見方で見た世界が『自然だ』とか『正しい』とか考えることもあります。誰かが間違った方法で物事をやってるのを見たら『奇妙だ』とか『間違ってる』と考える人もいるでしょう。異文化コミュニケーションの背景を持っていれば、そんなことが起こっても、誤解だと分かったり、対処できたりします。最近特にこれが重要だと思うんです。仕事や学業・休暇など、海外へ行く人の理由がさまざまだからです。他の国からやってきた人に会う機会はとても増えています。こうやって会う人が増えれば、違った国の人たちとの間で悩みを持つ機会が多くなるんです」

教授「なるほど。言ってくれたように、異文化コミュニケーションを学習することは役に立つ。なぜなら  32  」

「仮要約」しておく

もし可能ならば、問題を解く前に、前の人が言っていることを大雑把に把握しておくと消去法も使わずにドンピシャで消せる場合があります。解き慣れてきたら試してみると良いでしょう。

これ、いろいろ言ってそうに見えて、ざっくり言うと

「色んな場所にいろんな人がいて、それぞれ違っとるよ」

めっちゃめちゃ当たり障りないんですが、このあたりなんじゃないですかね。というわけで各選択肢を検討していきましょう。

各選択肢の検討

① 異文化間の知識は海外の国で学習することを励ます(奨励する)

引っかかりそうになりますが、なんか因果関係あたりに違和感を覚えませんか?さらに、海外へ行く目的は学習(留学かな)だけじゃないはず。ちょっと怪しいでしょう。他にいいものが無かったら選んでおけばいいのかもしれませんが、一旦保留。次の選択肢に目を通しましょう。

② ある生活の仕方が他よりも正確だと考えられている

仮要約の中身とだいぶ逆を行ってますね。そもそも「正確な生活の仕方」はあるというのか。

③ 過去にはもっと多くの異文化コミュニケーションの例があった

この話題は1回も出てきていなかったと思われます。過去のことは1度も聞かれていないので、まあ×でしょう。

④ 文化的な誤解をもっと簡単でスムーズに対処できる

いやあどう見てもこれでしょう。直前に言っていることと違和感ないですね。「誤解だと分かったり対処できたり」。一旦保留にしていた1番の選択肢は消して良いでしょう。

問1の重要単語一覧

  • I’m sure ~ :~と確かに思う
  • begin A on ~ :~に関するAを始める
  • intercultural communication :異文化間のコミュニケーション
  • would like to ~ : ~したい。
  • view :(他動詞) 見る、眺める
  • natural :(形) 自然な
  • correct :(形)正しい
  • encounter :(他動詞) 出会う、遭遇する
  • differently :(副) 違った風に
  • regard A as B : AをBとみなす
  • wrong :間違っている
  • awareness :(不可算名詞) 意識
  • help A ~ :Aが~するのを助ける(~は原形不定詞)
  • deal with ~  : ~に取り組む、~に対処する
  • misunderstanding : (可算名詞)誤解
  • arise :生じる
  • travel overseas :海外旅行をする
  • opportunity :(可算名詞)機会
  • increase :(自動詞) 増加する
  • greatly :(副) 非常に
  • contact :(不可算名詞) 触れ合い、接触
  • chance :(可算名詞) 機会(良い意味でも、悪い意味でも)
  • useful :(形) 役立つ、価値がある
  • encourage :(他動詞) 奨励する
  • be considered : であると考えられる
  • cope with ~ : ~に対処する
  • cultural misunderstanding : 文化的な違いによる誤解
  • easily :(副)容易に
  • smoothly :(副)円滑に、やすやすと

関連記事

stop doing(動名詞) とstop to do(to不定詞)の違い

例文 I stopped to think about the problem.(私はその問

記事を読む

have to ~ 「~しなければならない」

例文 I finish my homework.(私は宿題を終わらせます) I have

記事を読む

センター試験英語攻略・2015年追試第6問(6) 第4パラグラフ

2015年センター追試験、第6問の問2の続きから。前々から言ってるように、問題を1個解き終わったら、

記事を読む

if ~(もし~ならば)

例文 If you have any questions, please ask me.

記事を読む

比較級と比較の文(taller than ~)

例文 He is tall.  (彼は背が高いです) He is taller than

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[1]1次関数

2015年のセンター試験、数学Ⅰ・Aの第1問は2次関数だったので、2016年も引き続き2次関数が出る

記事を読む

センター試験英語攻略・2015年追試第6問(3) 第2パラグラフ

これまでの流れについては、導入部分と問1の解き方の記事で書いた通りなのですが、 問1の質問を読

記事を読む

2016年センター試験 数学1・A解説 第1問[2]集合と論理

第1問ので1次関数が出てきて「こんなのでいいのかなぁ、いつもより簡単かも・・・」と思わせといて、[2

記事を読む

end up doing[(結局)~することになる/~することに終わる]

例文 An eye for an eye only ends up making the whol

記事を読む

受身形(受動態)の基本 be 過去分詞 by someone

例文 He wrote this letter.(彼はこの手紙を書きました) This

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

come up with ~(~を思いつく)

例文 Don't wait until you're in a cr

A as well as B (BだけでなくAも)

例文 We need experience as well as k

→もっと見る

PAGE TOP ↑