入試分析 英語 高校

2017センター試験英語解説 第3問C(要約)34

更新日:

33番からの続き。2017年センター試験(本試験)、第3問Cの最後の問題です(34番)。解いた方は感じたと思うのですが、最後の発言を見て出題傾向が変わったことに気づき「しまった!!また読み直さなきゃいけないかも!!うわわわわわ・・」となった人もいるんじゃないか?と思うのです。。ではやってきましょう。

本文ざっくり解説

まずは大雑把な訳から。

Leslie:ビルを建てるとかビジネスをやるとかだけが経済成長の道じゃないと思いますよ。自然の美しさを利用する方法も探すべきです。もうこの街はそれで有名なんですから。家族にとっては自然のおかげで住みやすくなってますよ。

Ellen:私もそう思います。家族が住んだり観光客が楽しめたりするようなものを変えずに開発してくべきです。私たちの街の美しい光景を使うことで人が来たり住んだりしてくれます。それが私たちの街にもっとお金をもたらしてくれるでしょう。

Leslie:完全に同意です。長期的に見ると、自然環境が守られないと街が傷つきますよね。

Alice:では、LeslieとEllenは自然の特徴を維持する重要性について話していると。ええと、今までの討論から全員が考えているのは、街を開発する時に 34  べきだということですね。他にも考慮に入れなきゃいけない点も見ていきましょうか。

ざっくりとこんな感じかなと。さて、ここが大きな山場となったでしょう。従来なら「最後に発言した人」の一言をまとめれば良かった。でも今回は「全員の発言」をまとめる、と。2016年までの過去問演習で慣れてた人はちょっと苦戦したり、時間がかかったりしたかもしれません。さあ選択肢を見ていきましょう。

選択肢の検討

1. 大きなショッピングセンターを建てる

これは直前に見たLeslieとEllenの発言で消せると思います。比較的記憶に新しいので、「建設反対&自然保護」で消せるかなと。

2. 住民の家族の生活を考える

直前の2人はこのことについて触れていました。ここで返り読みをしていくと、Tomは「家族ともっと過ごす時間増えるね」、Carolは「住民が近くで買物できて良いね」と言ってるので切るに切れず。一旦△をつけて保留にしておきましょうか。

3. 従業員の数を増やす

これは一体何でしょう・・。とりあえず、全員の話をまとめる中で、LeslieとEllenの発言から「従業員」の話が聞けなかったのでナシでしょう。

4. 自然環境のことを考える

この選択肢がちょっと引っかかった人が多かったんじゃないでしょうか。直前の2人は「環境を考えて!」って言ってますし。ただ、ただ、「全員」とか考えると最初の2人(TomとCarol)は工場だったりショッピングモールだったり建設賛成してたりするので、わりと「×寄りの△」になるのではないでしょうか。

で、残った2番と4番の選択肢で見ると、住民家族か、環境か・・・となると住民家族の方に軍配が上がって答えは2番、と。

スポンサードリンク

第3問C(34番)重要単語

  • grow (動詞)育つ、成長する
  • help (動詞) ~するのを助ける (原形不定詞)
  • beauty (名詞)美しさ
  • nature (名詞)自然
  • be famous for ~: ~で有名である
  • visitor (名詞)訪問者、観光客
  • scenery (名詞)景色、景観
  • creative (形容詞) 創造的な
  • encourage … to ~:…が~するのを促す、振興する
  • completely (副詞)全く、完全に
  • in the long run:長期的には、長い目でみれば
  • hurt (自動詞)痛む、困ったことになる
  • surroundings (名詞)環境、周囲のもの
  • preserve (動詞)保存する、保護する
  • importance (名詞)重要性
  • maintain (動詞)保持する、保つ
  • feature (名詞)特性、特徴
  • discussion  (名詞)論議
  • so far:今までの
  • point (名詞)論点
  • take into account ~:~を考慮に入れる
  • consider (動詞)考慮する
  • employee (名詞)雇われている人
  • environment (名詞)環境

2017年センター試験 英語(筆記)解説

総評 - 下書き(おまけ)







-入試分析, 英語, 高校
-

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.