入試分析 英語 高校

2017センター試験英語解説 第5問(物語)問3

更新日:

2017(平成29)年センター試験、第5問の解説の続きです。今回は問3を解説していきます。

第5問の解き方をおさらいしておくと、「まず問題文を読む」→「『どのあたりのことを言ってるんだろう』と思いながら本文を読んでいく」→「答えの箇所のメドが立ったら選択肢を切る」の順でした。

問2までのあらすじは「ユウジは猫になって猫の目線から人間の自分を見ていた。スマホばっかりいじってお母さんとの会話も生返事。朝ごはんも流し込んでるし・・」というものでした。

問3(解答番号 44 ) の解き方

まずはいつものように、問題文を先に読み込んでおきましょう。

こんなヤツは嫌いだ」と猫は思った。なぜならユウジは 44 

下線部問題なので、どこまで読めばいいかは比較的分かりやすいですね。本文に「I don't like this guy.」が出てくるまで読んで、そこまで行ったらその段落が終わるぐらいまで読めば、大概十分なのではないかと思います。

本文・問3の箇所まで(ざっくり)和訳

こんな奴は好きじゃない」と私は思った。だけどこの男は私なんだ。それを否定することはできなかった。私が他の人達に本当はどのように見えていたか、初めて理解した。

選択肢の検討

なんと1パラグラフ分だけで終わってしまいましたので、このパラグラフと、今まで読んだ文脈から考えていくことになります。猫の私が「こんなヤツは・・」と言った背景には問2の部分で聞かれていた「ずっとスマホばっかり見て」「無表情で」「トーストの味さえも分かってるのか分かってないのか」「お母さんと話をしていても『うーん』だけ」あたりもヒントになるでしょうし、そのあたりから選択肢を切っていきましょう。

1. 朝食に食べた物の味を思い出せなかったから

確かに「食べたものの味なんか感じてるんだろうか?」的な猫の感想がありましたが、「思い出す」というのがちょっと引っかかります。思い出していたかどうかが微妙。完全にアウトかと言われれば微妙なところなので、▲にして保留しておきましょうか。

2. 期末テストに向けての努力を隠そうとしたから

これは言ってませんでしたね。期末テストの勉強について、お母さんから聞かれたときに「うーん」と言ってまたそのまま無表情になっただけ。努力してたとかそれ系の言葉は一切言ってません(憶測ですが全然してないんでしょう)。×ですね。

3. お母さんがユウジの未来を心配していたことをからかっていたから

これも2番の選択肢と同じで、「うーん」と言っただけ。別に意図的にからかっているわけではないのでしょうし、×で。

4. 彼の身の回りにある人や物に敬意を払っていなかったから

身の回りにいる「お母さん」に大しては生返事、「食べ物」に対しては味わいもせず。無難に当たり障りがないのでこれも保留にしておきましょう。

そうすると、選択肢1対選択肢4になるのですが、「思い出す」根拠が曖昧な1に対して「人や物に敬意を払わない」4の方がはっきりと本文に書かれているでしょう。となると正解になるのは4番ではないでしょうか。後は単語を消化して次に行きましょう。

スポンサードリンク

第5問 問3までの本文と問3の重要単語

本文(問3まで)の単語

  • guy (名詞) 奴、男
  • deny (他動詞) を否定する
  • for the first time : 初めて
  • realize (他動詞) を理解する
  • really (副詞) 本当に
  • look to ~ : ~に目(注意、関心)を向ける

問3の単語

  • recall (他動詞) を思い出す、を思い起こす
  • hide (他動詞) を隠す
  • effort (名詞) 努力
  • make fun of ~ : ~をからかう、~を物笑いの種にする
  • concern (名詞) 懸念、心配
  • future (名詞) 未来、先の事

2017年センター試験 英語(筆記)解説

総評 - 下書き(おまけ)







-入試分析, 英語, 高校
-

Copyright© 勉強ナビゲーター , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.