*

「 高校 」 一覧

余弦定理の基本

例題 AB=2,AC=3,∠A=60°の△ABCに余弦定理を適用すると, BC=\sqrt{\fbox{(1)}}[/math] である。(空欄(1)を1~9の1桁の整数でうめてください。)

続きを見る

tan(正接)の加法定理(tan105°の値を求める)

例題 正接(タンジェント)の加法定理を利用すると, tan105°=tan(60°+45°)=-\sqrt{\fbox{A}}-\fbox{B}[/math] である。(空欄A,Bにはそれぞれ1

続きを見る

sinθの3倍角の公式 三角関数(数学2)

2014/11/13 | 数学, 高校

例題 三角関数の加法定理より,sin3θはsinθを用いて \sin3\theta=-\fbox{A}\sin^{\scriptsize{\fbox{B}}}\theta+\fbox{C}\sin

続きを見る

sinθ+cosθの値からsin3乗+cos3乗の値を求める(数学2・三角関数)

2014/11/12 | 数学, 高校

例題 \sin\theta+\cos\theta=\frac{3}{5}[/math]のとき, \sin\theta\cos\theta=-\frac{\fbox{A}}{\fbox{BC}}[/

続きを見る

三角関数 2倍角の公式(数学Ⅱ)

例題 三角関数の加法定理を利用すると, \sin 2\theta=\fbox{A}\sin \theta \cos \theta[/math], \cos 2\theta=\fbox{B}\co

続きを見る

sin75°の値を求める 三角関数の加法定理(数2)

例題 三角関数の加法定理を利用すると sin75°=\frac{\sqrt{\fbox{A}}+\sqrt{\fbox{B}}}{\fbox{C}}[/math] である.(A,B,Cにはそれぞ

続きを見る

sinθ+cosθの値からsinθcosθを求める 三角関数(数2)・三角比(数1)

2014/11/11 | 数学, 高校

例題 sinθ+cosθ=\frac{1}{3}[/math]のとき, sinθcosθ=-\frac{\fbox{A}}{\fbox{B}}[/math] である.(A,Bには1~9の数字が入

続きを見る

2014年センター試験(追試験)数学1A解説・考え方 第4問(確率)(1)

2014/11/08 | 数学, 高校

2014年センター試験・数学1Aの追試験。第4問は確率からの出題です。2015年度から,確率が選択問題になり,「条件付き確率」が加わったり,「期待値」が消えたり少し変化があるようですが,従来からある基

続きを見る

熱化学方程式(エタンとプロパンの混合気体の燃焼熱)

2014/11/04 | 化学, 高校

例題 エタンとプロパンの混合気体1molを完全に燃焼させると,2055kJの発熱があった。この混合気体中のエタンの割合は何%か?整数で求めなさい。 ただし,エタンの燃焼熱を1560kJ/mol

続きを見る

2012年 センター試験英語第6問 “procrastination”

2014/11/03 | 入試分析, 英語, 高校

センター試験の過去問を生徒によく解いてもらっていますが,ある程度速読に慣れ,マーク模試でも点数がそこそこ取れた生徒に2012年の第6問の長文問題を解いてもらうことが多いです。 序盤,パラグラフ(

続きを見る

2017センター試験英語解説 第2問A(後半)【フェスでウェイ】

2017年のセンター試験英語、問2Aパートの解説です。前半の問1~問5

2017センター試験英語解説 第2問A(前半)

2017年のセンター試験英語、第2問の解説を。第2問のAパートは文法語

2017センター試験(本試)英語 超ざっくり解説

2017年のセンター試験、問題が出ました。ので、英語の解説を「超ざっく

2017年版 センター試験英語直前&本番アドバイス

センター試験(英語筆記)本番で焦らないために、と、直前に何かできるなら

2016年センター試験 英語解説 第3問C 要約 問1

センター英語・第3問Cの傾向 第3問Cは会話要約問題です。2013年

→もっと見る

PAGE TOP ↑